uenoutaの日記

好きなものを描いたり、買ったものを紹介していきます。

転生したらロボットの中だった(ただし、でることはできません)輪廻の輪の外へ 48

 ヴァイスは簡単に見つかった。実を言うとそこら中に実はあったのだ。なにせこれだけ大きな木の集合体である。ないわけがない。だから二つの目玉を抱えて移動する距離が少なくてたすかった。そういえば、目玉は無事だった。どうやら丁度葉っぱに隠れてたのがよかったみたい。
 
 後で気付いたが、G-01のロケットの外装は結構溶けてた。外装なかったらやばかったよ。けど、周囲は全然そうじゃないんだよね。それはそうだろう。だって一日に何回もあんなのが光るのである。それに耐えられないと、幾らこの木々の集合体みたいな奴でも直ぐにはげてしまうだろう。だからこそちゃんとここの木々達は耐えられる様になってる。
 
 葉っぱ一枚にしても、あれだけの高温を受けたにもかかわらず、変色せずに逆に瑞々しい緑を保ってる位だ。だからこそ、目玉も無事だったんだろう。運が良い奴らである。
 
「よし、これなら直ぐに目玉から移行できるんじゃない?」
 
 目玉と二人の魂は相性良くないし、いつ魂の反発が起きて崩壊が起きるかわからない。それに下手に魂が上手く定着してしまっても、それはそれで困る。というかイヤだ。私が。私は目玉と一緒に居る気はない。なのでさっさとヴァイスを見つけれたのはよかった。魔王と勇者で一つずつだとしても、余裕である。
 
「なんかおもってたよりも小さいね」
 
 近くまで来てみると、丁度G-01の頭くらいの大きさの丸い実があった。色は茶色でなんかくすんでる。手で叩くと、こんこんと硬質な音がした。中身は何が詰まってるのか気になるな……いっぱいあるし、一個くらい割って見てもいいんじゃないだろうか?
 
「むむ……むむむ……むううううううううううううううううう!!」
『なにやってるんですか?』
「はぁはぁ……ちょっと……ね」
 
 私は息を切らせながらなんとかAIに応えた。まあ曖昧にだけど……ちょっと軽く割って見ようかと思ってやったら……全然割れなくて思わず本気でやってたとか……恥ずかしいじゃん。
 
(てかどんだけ頑丈なのよ)
 
 ヒビ一つはいらないとか異常でしょ。こっちはひ弱な私ではなく、G-01がやってるからね。なのに全然出来そうもなかった。恐ろしい……やはり世界のヴァイスともなると頑丈さが違うのだろうか? 
 
『貴女はまだG-01の性能を完全に引き出せてないのです』
 
 なんかバレてた。性能……ね。そこそこ自信あったんだけど?
 
「私、結構アビスとの事で上手くなったよ?」
『あの程度、馴れてきた程度ですよ。感覚でしか理解してないじゃないですか。貴女はアビスの力と同調することで、G-01の基本的な出力に対応しただけです。その慣れを早めた程度の事を得意げに言わないでください』
「ごめんなさい……」
 
 なんか怒られた。どうやら私はまだまだG-01を使いこなしてないらしい。

転生したらロボットの中だった(ただし、でることはできません)輪廻の輪の外へ 47

 ヴァイス……それは元の世界で言うところの太陽みたいなものらしい。自分の解釈的には……だけど。どうやら明確には太陽って訳でもない。どうやら世界によっては命を育む物は違うらしい。それこそ光なのは定番らしいが、もっと別の何かってのもあるみたい。

 ヴァイスは厳密には命を育むのに絶対に必要な何か……みたいな? そしてどうやら、この森の世界? みたいな所のヴァイスはこの木の集合体みたいなのから育まれる果実? 実? だと言うことがわかった。なにせこの木の集合体みたいな、実は世界の半分くらいを覆ってるとんでもないでかさである。そしてどうやらこの世界、どこまでも続く空の世界でもあるみたい。

 世界とは星で、星から出ればそこには宇宙が広がってるなんてのは、特定の世界でしかないことらしい。ここは宇宙なんてものは存在してないみたいだ。だから太陽なんてない。ないから、代わりにこの木の集合体が太陽の様な物を生み出してるのかも知れない。

 さっき落ちていったヴァイスの果実が落ちていく間が昼で、ヴァイスが深淵へと落ちていくと夜になる……みたいな感じなのかもしれない。深淵にはあれの残骸ぽいっのもなかったけど、アビスがたべてるのだろうか? わからない。

 世界に光を届ける為にめっちゃ光ってたんだね。どうりで、やばい位明るかった訳だ。かなり下に落ちていってるのに、その光はこっちも十分に照らしてる。あれならきっと世界に満遍なく光を届けられるんだろう。けど一つ疑問もある。

「あれって、昼が短すぎない?」

 あのペースで落ちていくと、あっという間に昼が終わる気がする。

『私達はまだ夜を見てませんよ』
「ん? ……ああ、なるほどね」

 一瞬AIの言ってる事がわからなかったが、そういうことか。つまりはヴァイスが落ちるのは一日に一度って訳じゃないって事だろう。まあこれだけ大きい木だ。一日に一個とかケチな事はしないんだろう。

「ねえ、ヴァイスなら二人の体の素体にいいじゃない?」
『確かに、ヴァイスは命を育む事が出来る何か……ですから、二人の魂を受け入れる度量もあるでしょう』
「よし、決まりだね!」

 ある意味、この世界のヴァイスが果実なのは、私達にとっては行幸だったのではないだろうか? だって太陽なんて物じゃ、どうしようもないし、もっと他の別の何かだったとしても、それが手にできる可能性はどのくらいなのか……

 それに比べれば、今、私達はヴァイスが生る木にいるのだ。取り放題とはこの事かな? なので早速私はヴァイス探しを始めた。

転生したらロボットの中だった(ただし、でることはできません)輪廻の輪の外へ 46

 いきなり周囲が常識外れに明るくなった。G-01の中に閉じこもって、モニターさえ消してるのに、なのになお明るいという訳のわからなさだ。
 
「これって……光だけなの?」
 
 ふと疑問に思った。だってこれだけ明るいって事は、なんかもうめっちゃ熱そうじゃん。私はG-01の中に居るからそれを感じないが、実際どうなの? 
 
『熱も勿論感知してます。ですが光に対してはかなり常識的な温度です』
「へえ~ちなみに何度なの?」
『大体千度くらいですね』
「それって普通に死ねる?」
『死ねますね」
 
 死ねるらしい。なるほど……まあ大体が人の体温って三十六とか七とかだよね? なら千度とかボウボウだよね。寧ろボウボウと成る間もないほどかもしれない。
 
「外の二人の魂入れた目玉ヤバくない?」
 
 なにせ魔王と勇者を入れた目玉は外郭の外にある。私は外郭とG-01に今は守られてる形だ。けど、魔王と勇者の魂は、脆い目玉一つ。この差はヤバいのではないだろうか? まあなんか目玉は頑丈になってるみたいだけどさ……熱にまで強いかはわからない。元が脆いんだから大丈夫じゃないって思った方がいい。
 
「どうにか出来ないの? てか、何が原因?」
『わかりません。ですがピークは過ぎ去ったみたいです』
「どういうこと?」
『発生源が遠ざかっています』
 
 なるほど……何故かはわからないが、あとちょっとの……あとちょっと……持つ? 私は大丈夫だが、二人は無理じゃない?
 
「何かバリア的な機能ない?」
『潤沢に力が今はあります。イメージをしてみてはどうですか?』
 
 まさか自分で調べろ――じゃない言葉が返ってくるとは……調べなくても、そのくらいは実は出来る……的なことなのだろうか? イメージか……私はとりあえず周囲に力をまき散らすイメージをした。するとどっかが開いたみたいな表示がでた。そこから多分私の……というかG-01の力が散布されてる。
 更に私はそこにイメージを伝える。
 
(熱と光を遮断するようなバリアーよいでよ!!)
 
 とりあえず全体を満遍なく守れる様に、三百六十度を囲む様にイメージした。するとなんとなく出来た気がした。わずかだけど、光も弱まった? いや、ただ距離が更に出来ただけかもしれない。
 
「成功した?」
『いえ、全く』
「ふざけんな!」
 
 なんでやらせたし!! これは怒って良いよね私。ヤバいじゃん、二人の生死がかかってるのに、なにおふざけしてるの?そんなキャラだった? てかそんな遊び心あったんだ! 
 
『大丈夫ですよ。散布した力を上手く取り込んで回復に当ててるようです』
「そんな事出来るんだ?」
『傷を負えば、それを治そうとするのが生物の本能ですから』
 
 つまりは別に魔王も勇者も目玉の中で意識に覚醒してる訳ではなく、生物の本能として私の散布した力を使ってるって事? まあまだ死なないでくれてるのはいいけど……案外そんな事が出来てるって事は馴染んで来てない?
 
「案外目玉のままでも……」
『それが二人の為になりますか? というか、耐えられますか?』
 
 私は目玉を従えるG-01の姿を想像する。
 
「うん、やっぱりちゃんとした体が必要だね!!」
 
 両隣に目玉が居るって想像以上にきついよ。やっぱり早急にちゃんとした体を作らないとね。
 
『光源は遠ざかりました』
「よしよし」
 
 私はようやく外装から出る。どうやってって? 勿論無理矢理である。本当ならパーンとパージできるらしいが、木に突っ込んで、絡まってるから出来ないからしょうがない。外に出ると森だった。何を言ってるかわからないと思うが、ぱっと見は森なんだ。
 
 なにせ枝と葉が一面にあるし……下を見ると、空しかみえない。地表を確認することができなかった。そしてその空に太陽の様な光源がみえる。
 
「まさかさっきの光ってあれ?」
『そのようですね。あれがこの世界の光であり、ヴァイスなんでしょう』
「なるほど……ヴァイスね」
 
 …………何ヴァイスって? AIってちょくちょく謎ワードを挟んでくるから困る。

転生したらロボットの中だった(ただし、でることはできません)輪廻の輪の外へ 45

「やっと……長かったよ……」
 
 満点の青空を見て私はちょっと涙ぐむ。こんなに空が青いって今まで思ったことなかったよ。なにせ深淵は暗くてジメジメして、さらには気持ち悪い化け物もいたからね。ああ……世界はなんと美しいんだろうかって柄にもなく思う。
 
「ってこれ、どこまで上がってくわけ?」
 
 なんか止まる気配ないんですけど? アビスの力を何十倍にもして内包しちゃったからね。使い切る必要なんてないんだが、なんかこのままじゃ危うく大気圏突破しちゃいそうだよ? まあそれでも見える所にでっかい木の集合体みたいなのが、あるんだけど……この木の集合体みたいなの……どこまで続いてるわけ? 。
 
「どどどど……どうしよう……」
 
 ヤバい、勢いがつきすぎてどうしたら良いのかマジでわからない。止めようと思ってるんだけど……下手にスピード落とすと失速して墜落しそうで怖いんですけど!! 
 
「ん? これって……ヤバい!?」
『ヤバいですね』
 
 AIが冷静にそんな事をいってくる。冷静に言うことじゃないよ!! 見えてきたのは、木々の傘。まあつまりは今までは木の幹部分を見てた感じだ。そしてようやく木の上の部分がみえてきたと言う訳だ。そしてこれだけ大きな幹部分だったんだ。上の部分もアホみたいにでかい。世界の半分くらいおおってるんじゃないかって思うくらいだ。
 
 なんかある程度上空に来たらいきなりこの部分が見えてきたような気がした。それっておかしくない? だってこんなの……
 
「てっ!? ぶつかるうううううううううううううううううううううううううううううううう!!」
 
 G-01が枝や葉をかき分けて木の集合体の中へと突っ込んでいく。ものすごい振動とアラームの音が響く。そして一際大きく振動したと思ったら、ようやくとまったみたいだ。
 
「いたたた……目玉は大丈夫?」
『大丈夫のようですよ。どうやら強固になってるみたいです』
 
 勇者と魔王の魂を内包した目玉は外側にドッキングしてた。だからしんぱいだったんだけど、どういうわけか大丈夫らしい。自分のイメージ的には目玉はとても脆かったと思ったんだけど、やっぱり魂を内包したことで変わったのかな? 
 
『というか、貴女のせいでは?」
「私?」
 
 そう言われれば、目玉を二人の魂に馴染むように変質させたのは私である。なるほど……
 
「私が天才過ぎたって事か」
『…………』
 
 なぜかAIは私の天才というワードに触れてくれない。あれか言うことがないと言うことは、納得してると言うことか? 
 
「とりあえず動ける様にしないと」
 
 G-01はロケットのような外装に覆われてるから内側は無事だ。これ剥がせば、動ける筈……その時だった。
 
「なに、まぶしっ――」
『モニターを消します!!』
 
 焦ったようなAIの声と共に、モニターが消えた。けど……それでもとんでもない明るさなのか、じんわりと外装と内装を通過して光が満遍なく漏れてくる。
 
「どういうこと!?」
 
 隙間から木漏れ日の様になるのはわかる。けど……面で光るってなにこれ? 一体何が起きてるんだろう。訳がわからないよ。

転生したらロボットの中だった(ただし、でることはできません)輪廻の輪の外へ 44

 直上に吹き上がる私達。マジでまんまロケットだし、きっとGとか凄いんだろうなって思ってたけど、実際、中はいつもと変わらない。そこら辺はG-01の高性能っぷりがうかがえる。深淵へと落ちてきた道を今度は吹き上がってる。遠くに見える光がどんどんと大きくなってくる。
 
 けどこの状態……操作がむずい。油断すると、断崖にぶつかりそうになる。そこまで狭くもないんだけどね。ふらふらする。私はG-01の中で両手を目一杯広げて、まるで綱渡りするかのようにバランスを取ってる。
 
「おっとと……」
 
 なんか下手すると直ぐにバランス崩して側面に突っ込みそうになる。なんでこんなにこれってバランス悪いの? 世にあるロケット……まあこの世界にロケットなんてないだろうが――それはなんでまっすぐに上に飛んで居いけるのか疑問で鳴らない。
 
「まさか……中で宇宙飛行士がバランスを取っている!?」
『なんですかそれ?』
 
 アホな事を考えてるとAIが呆れた様な声を出してきた。まあ私も殆ど薄れてる記憶だ。何と言われてもわからない。なんとなくこの状況で思い出しただけだし。キーワードがあると、ちょくちょくそれに関連した事柄を思い出すんだよね。
 
 どうなってんだ自分の頭……と思う。まあけど流石に宇宙飛行士が中でバランスとってるはないね。G-01は自分がバランスを取ってるから不安定なのかもしれない。私って絶対にかっるいし。かなり痩せ型だからね。まあそれが反映されてるわけはないけど。
 
 でも自分のバランス感覚が良いかはわからない。断崖だけど、時々、デッカい枝とか岩が出っ張ってたりするから困る。一応G-01の機能でそういう危ないのは事前に知らせてくれる。色をつけてここに突起物や障害物があると教えてくれる。
 
 黄色く塗られてるのは強引に突破できる。赤いのは避けた方がいいみたいな感じだ。大体木の根よりも岩とかの方が黄色いのは、伸縮性とかの問題なのだろうか? よくわからないけど、G-01が頑丈って事かもしれない。
 
 目の前の岩をぶち破って、どんどんと近くなる光に近付いていく。けど上に近付くにつれて根が多くなってくね。落ちる時は気にもしなかったはずなんだけど……
 
「成長した?」
 
 これだけ有ると、落ちる時に引っかかってくれても良いじゃんって思う。まあ落ちる時はまっすぐだったのかもしれない。流石に落ちてから今まで成長なんて……しないよね? 絶対にないと言えないけど……なにせ世界が違うと常識まで変わる。この世界はとても巨大な木々で満ちていた。あれだけの大きさに育つにはそれこそ何百……何千年という年月が必要ってのが先入観であるけど、やっぱり世界が違うとそれも違うかもしれない。ならあり得る……この短時間で成長したってのも……
 
「うぐぐぐぐ!!」
 
 Gはないけど、断崖の壁を削る様に進むせいで凄い振動が伝わってくる。しかもブースター一個が剥がれた。そのせいで、バランスは崩れるわ、中でアラーム五月蠅いわ……散々だ。でも――
 
「よし!! 深淵からの脱出だああああああああああああああああああ!!」
 
 私の視界に蒼天の空が広がった。

RouteR ルートアール RI-FP3MG [メカニカルスイッチ搭載 USBフットペダルスイッチ 3ペダル] 買ってみた!

f:id:inokai-488:20200122215108j:plain

 パソコンに繋いで足下でショートカットとか色々と割り当てられる機器です。お絵かきとか、ゲームとかで使えるかなと思って買いました! 一個の奴もあったけど、三つの方が便利かなと思って三連ペダルの奴を買いました。

 

 単純に足下で操作できるのは便利です。ゲームするにも、キーボードカチャカチャするのは凄くなれないので、こっちに割り当てたら、マウスのボタンと合わせて、キーボードは移動だけに出来るかなって狙いもあります。

 

 お絵かきはまあ、ゲームほどカチャカチャしないのでそこまでこれも必要ではないけど、あれば便利かな? と思ったんですよね。一応クルクルする奴も持ってるし、何を割り当てるのかが問題ですね。

 

 でも致命的な欠陥……というか、なかなかに古い製品だし仕方ないのか? これってプロファイル一つしか登録出来ません。これって致命的です。わざわざ、使いたいアプリごとに設定を手動で変えないといけません。

 

 まさかそんな仕様だとは思ってなかったです。何個かプロファイルをアプリごとに割り当てる事が出来ると思ってました。でも違ったんです。

 

 この仕様だけが、残念ですね。まあ使い方は簡単だから、使いますけどね!

うーんですね。

#オリジナル シンプル1 - uenoutaのイラスト - pixiv

 

 参考にしてた写真がどっかに行ったからこれは、このくらいが限界でした。一応髪の毛とかはちょっと頑張ったんですけどね。服の皺は本当に難しいです。