uenoutaの日記

好きなものを描いたり、買ったものを紹介していきます。

ある日、超能力に目覚めた件 476P

「行ける! やれえええ!!」
「やっちまえーーーーー!!」
 
 そんなコメントがたくさん流れてる。なにせさっきまでとは違う光景を東海道馬脚が構えてるカメラがとらえてるからだ。そこには二人の人間に翻弄される悪魔のような女性が映ってる。
 
 桶狭間忠国が近距離で。そしてアンゴラ氏が中距離で悪魔のような女性を狙う。そんな構図だ。まさに最初にやろうと思ってたことができてるといっていい。
 より動けるようになった桶狭間忠国には悪魔のような女性のその翼や、尻尾を使ったイレギュラーな攻撃でも致命傷を与えることは出来なくなってる。
 彼は恐ろしいバトルセンスで人間以外とかの戦いを急激に学習してる。そしてアンゴラ氏も、ダメージは深刻だけど、徐々にそれも草陰草案の力で回復は出来てた。そしてゾーンに入ってる彼はその力を存分に発揮してる。今や先にこの空間、その至る所に買っておいたチョコやガム、細かな商品をバラまいてる。
 しかもそれは地面に落ちてる訳じゃなかった。空中に留まってるのだ。それもまたアンゴラ氏の力のたまもの。そしてそれは勿論アンゴラ氏が移動しながらの攻撃にも使ってるし、悪魔のような女性の行動を制限するにも活躍してた。
 どういうことかというと、それはある意味で地雷なんだ。地面には埋まってないが、それは悪魔のような女性が触れたら、その力を開放してダメージを与える。動き回ってるのは桶狭間忠国もそうだけど、どうやらそっちには反応しないらしい。高度な事をやってる……と思うかもしれないが、単純だ。
 アンゴラ氏は力に自身の力以外に反応するようにしてるだけだ。そして桶狭間忠国には力がないらしい。草陰草案がいうには。だからこそ、成り立ってる。
 
 そしてその地雷を厚くしてるのが後ろのほうにいる草陰草案達の方に沢山配置した。そうすることで、悪魔のような女性が草陰草案達の方に行くのも牽制してるのだ。だから悪魔のような女性が狙えるのは桶狭間忠国かアンゴラ氏だけ。
 
 そしてそれで今相対してる桶狭間忠国が強いと実感してるであろう悪魔のような女性は、アンゴラ氏を狙ってくる。肉弾戦の合間にその声を混ぜて絶叫と共に桶狭間忠国を後方へと押しやる。その隙に悪魔のような女性がアンゴラ氏の方へと一気に近づいてくる。
 こちら側だけでなく悪魔のような女性も学習してる。撃ち落とそうとするアンゴラ氏の攻撃をうまい具合にクルクルと飛んでよけながら近づく。そしてその勢いのままに攻撃を仕掛け来た。
 
アンゴラ氏!!」
 
 そんな風に後方の人たちが声を上げる。でもアンゴラ氏はもう震えない。そしてこれは覚悟してたことだった。だからこそ、彼は動く。草陰草案達にはアンゴラ氏が一瞬消えたように見えた。
 
 そして次の瞬間、お腹に拳を叩き込み、大きく上にジャンプしてるアンゴラ氏の姿かあった。