uenoutaの日記

好きなものを描いたり、買ったものを紹介していきます。

転生したらロボットのなかだった(ただし出ることはできません)運命という世界線を壊せ 835

「いったい何が……いや、あの方しかいないな」

 

 そう、こんなことができるのはあの方『G-01』殿しかいないだろう。見えなくてもわかる。実際もうだめかと思った。なんとか黄金の鬼を倒したものの、奴が抱えたその莫大なエネルギーが暴走しだした。

 そこまで計算してなかったのは自分自身の落ち度だろう。なにせちょっと考えればその可能性には思いつくはずだった。なにせ何回かはそんなことはあった。強大な力程、寄り辺を必要としてる。それは不安定であるからだ。だからこそ、それを受け入れてたものがなくなると、行き場を失ってしまう。だからどうするのか、戦ってる間に決めないといけなかった。自身が取り込むのか、それとも世界に薄く流すのか……取り込めるのが一番良かったが、さすがにこの世界のエネルギーを、それも鬼が内包してるほどのエネルギーとなったら膨大だ。

 いくら自分がノアのおかけでこの世界のエネルギーを自身のエネルギーへと変換できるようになったといっても、さすがに一気に鬼の膨大すぎるエネルギーを取り込むとリスクの方が大きかった。それに本音を言えば……

 

(そんな余裕はなかったからな)

 

 それが真実。なにせそうだろう。こっちは真剣で命のやり取りをしてるのだ。もしも先を考えることができるのならば、そこには余裕がある――ということだろう。けど大体、自分はG-01殿とは違う。そんな余裕はなかった。だからこんなピンチになってしまった。戦いは決着がついて終わり……じゃない。それを何度かは経験してるというのに、やっぱりこれからの為に、どうにかしないといけない。

 

「これは……」

 

 鬼の莫大なエネルギーは一気にきえた。それでよかったよかった――と思ってたら、なんか自身の中に満ちるエネルギーを感じる。さっきまで疲弊して体がだるかったのがうそのようだ。それに元に戻った――訳じゃない。より多くのエネルギーを自身が内包してるのがわかる。

 

「ご褒美ってことじゃないですか? さすが主っす!」

 

 なんか頭の中で調子のいいことをノアがいってくる。聖剣はすでに元の姿にもどって、うんともすんともいわない。けど、自身が強化されたということは、自身と同化してる聖剣だってそのエネルギーの影響を受ける訳で、きっと調子がいいことだろう。なにせかなり無茶をさせてしまった。これで補填してくれれば助かる。

 なにせ自分は聖剣を頼りにしてる。いや、頼りにしすぎてるかもしれない。そのくらいは信頼してる。だから聖剣に見捨てられたりしたら詰む。まあそんなことはありえないと思ってるが。自身の内と会話してると、こっちを見てる存在に気づく。

 それは一緒に戦ってくれた砂獣だ。蜘蛛に人の上半身がくっついた感じの彼女……実際彼女の功績も大きいだろう。自分はそんな仲間に笑顔を向けてこういった。

 

「お疲れ」

 

 するとなんかそっぽを向かれた。ちょっとショックだ。そんなことをおもってると砂丘の先から声がきこえる。それは「おーい」と呼んでる。見てみると、どうやらアズバインバカラの軍隊らしい。全てが終わってしまったが、サーザインシャインインラはこれから復興しないといけない。そのためにも、彼らにの助力はきっと大きな助けになるだろう。自分は手を振り返した。

ある日、超能力に目覚めた件 198P

 山田奏が停学処分になった。その衝撃はもちろんだけど、野々野足軽が通う学校ではかなりのセンセーショナルな話題としていっきに広まった。なにせ山田奏は格好いいだけじゃない。バスケ部の主将を努め、成績は優秀、教師の手伝いだって積極的にやって、内申点だってとてもいいだろう。優等生……というか、きっと理想の学生はだれかと聞かれると高確率で「山田奏」みたいなやつ……といわれるほどの理想の生徒、学生だったのだ。

 そんな山田奏が暴力沙汰で停学をくらった……それは誰しもが全く予想してなかったことだ。けれども、それで山田奏を否定してるものがいるかというと……まあいないわけでもないが、大抵は悪い印象は持たれてない。なにせある程度の事情はあの場にいた者たちによって伝えられていたからだ。

 その事情をしったら誰もが――

 

『仕方なかった』

 

 ――と思った。むしろ、男としては株を上げてたりもしてる。女性は完全に真面目でいい人よりも、ちょっと悪いって人を好んだりする傾向があったりするだろう。不良といわれてる奴に彼女が絶えずいたり……なので今回のことで、もともと人気だった山田奏に実はちょっと悪が追加されて、さらには自分の立場なんかよりも女性を優先して守るというナイト気質なのも周知の事実になった。これによってさらに山田奏の人気はうなぎ登りである。

 けどどうやら当の本人……山田奏はそんな安易に今回のことを考えてないらしい。

 

((どうしてこんなことに……))

 

 ――と、山田奏と共に、野々野足軽も思ってた。なぜなら、今野々野足軽は山田奏の自宅へと招かれていた。山田奏の自宅は大きな邸宅といって差し支えない立派なところだった。確かに野々野足軽はこれまでの山田奏の情報として、山田奏が上流階級の人間だとは知ってた。けどここまで見せつけられたら、どうして平賀式部は野々野足軽を選んだのだろうと、不思議に思うほどだった。洋風というよりは和風の建物の山田奏の実家は大きな平屋建てで、都会ではありえないくらいの面積を確保してるみたいだった。

 ちょっと力を使って建物全体をスキャンした野々野足軽はこの建物にいる人の多さに驚いてたりしてた。普通はそれこそ一つの家にいるとなれば、一軒家なら家族がいるとして最低三人くらいで、おじいさん、おばあさんとか兄弟、姉妹を考えたとしても、六人とかそんな感じだと思う。両手の内には収まるだろう。

 けどここはそんな常識は通じない場所らしい。それこそ沢山の人がいるし、さらには出たり入った、ひっきりなしに人の出入りがあるのも分かった。

 そんな場所になぜに友達? かも怪しい知り合いというか後輩という立場でしかない野々野足軽がいるかというと、そこにはいろいろな偶然があった。

 

「大変でしたね」

 

 とりあえずそんな労いの言葉を野々野足軽はかける。すると山田奏は「ははっ」と力なくわらってこういった。

 

「情けないよ。本当に……」

「けど、聞いた話だけですけど、先輩は悪くないと思いますよ」

 

 気を使ってそういう野々野足軽。それに「ありがとう」と返しはするものの、山田奏は落ち込んでる。確かに本人にとっては暴力沙汰を起こして停学なんて不名誉なことだろう。それに家から察するに、山田奏は名家のおぼっちゃだ。世間体とか気にしてておかしくない。

 

(ここまで落ち込んでるってことは、親とかに何か言われたのかな?)

 

 とか察する野々野足軽である。

ある日、超能力に目覚めた件 197P

「おいおーい、兄ちゃん随分モテてるじゃねーか。俺たちにもおすそ分けしてくれねーか?」
 
 頬に十字傷があって、頭は半分髪がなく、上半身の服も下半身の服もなぜか異様にボロボロな、そんな一団が山田奏へと絡んでる。その周囲には女生徒たちが十人に満たないくらいいた。他には山田奏の友達である男子生徒もいる。
 いうなれば彼らはクラスの中心、陽キャの軍団だ。そういう奴らはやっぱりだけど、数がいれば気が大きくなるらしい。やばい見た目をしてる十字傷の男はあと二人くらいを従えてるが、それでも向こうは三人、そうなると倍くらいの数の差はある。
 もちろん山田奏他、男子諸君は女子を頭数には入れてないだろう。それでいくと、男子は山田奏を入れて四人くらいだ。そうなったらなかなかに厳しいと普通は思うだろう。なにせ男子高校生でもそんな血の気が多いわけじゃないだろう。あからさまにヤバそうな三人だ。普通なら逃げてもおかしくなんかない。
 でも誰もそんなことはしない。ここにいる山田奏のグループはチンピラの数人に恐れるようなやわな奴らではないらしい。もちろんそれは女子がいるから……というのもあるだろう。女にいい格好をしたいのはどんな時代でも、年代でも男なら変わらない。
 それに山田奏たちは部活もして、そこそこ鍛えてる。それが自信にもなってるんだろう。目の前のチンピラたちは異様な見た目をしてるが、よく見たらどう考えても顔色は悪いし、結構ガリガリだ。
 これなら自分たちでもなんとかできる――と山田奏たちはアイコンタクトをとって、立ち向かおうと意思疎通ができてた。
 
「やめてください。女の子たちが怖がってます」
「ははははは! おいおい、見た目だけじゃなく、態度もかっけーな」
 
 一番ヤバそうな十字傷の男がそう言って派手に笑う。すると後ろの取り巻き? なのか仲間なのかわからない二人も笑い出した。でももちろんだけど、山田奏たちはこいつらを不気味に思うだけだ。
 
(なんなんだこいつら?)
 
 とかいう視線を山田奏たちは交錯させる。どうしたらいいのかわからないからだ。
 
「おいおい、お前らも笑えよ」
「づっ!?」
「山田!!」
 
 いきなり何が起こったのか……理解したときには空が見えてた。そして鼻から広がる鋭い痛み。
 
「何するんだおらぁ!!」
 
 そういってガタイがいい山田奏の友達が前に出る。そして十字傷の男をつかもうとするが、その手を交わして、懐に入ったそいつは軽くガタイがいい友達を突き飛ばす。するとバランスが崩れてたのか、後方にたたらを踏んで倒れこむ。その時、女子とかを数人巻き込んだ。
 
「おいおい、どうした? ちょっと押しただけだぞ」
「やめてください。今なら、見逃しますよ」
 
 鼻を抑えながら、山田奏は立ち上がった。
 
「はは、見逃す? 見逃してください――だろ?」
「いいえ、これ以上暴力をふるうというなら警察に通報します」
「警察? はっ、だっせーな!」
「ダサい、ダサくないとか、そんなのはどうでもいいことですよ。それよりも――」
 
 そういって山田奏はスマホを取り出す。電話をするぞ――という脅し。
 
「はっ、興ざめだよ。なら仲良くしよう」
「何言って」
 
 山田奏が混乱してる間に、十字傷の男は近づいてくる。そして山田奏を通り越して、女子の手をつかんだ。
 
「俺とも仲良くしようぜ」
 
 そういって十字傷の男の男は腕を彼女を引き寄せる。「きゃっ」と小さな悲鳴が出る。
 
「やめろ!」
「おいおい、俺は仲良くしてるだけだぜ」
 
 そういって頭に顔をくっつくけて、クンカクンカしてる十字傷の男。それをやられてる女子はガタガタと震えてる。抵抗したいが、怖いんだろう。
 彼女はギャルみたいな見た目で、普段ならきっと勝気なんだろう。でも今は少女のように、震えることしかできないでいる。
 
「おいお前らも仲良くしていいぞ」
 
 そう十字傷の男が言うと、ほかの二人も動き出した。流石にほかの女の子たちも毒牙にかける訳にはいかないと山田奏の友達たちが立ちふさがる。奴らが近づいて女子がキャーキャーいって逃げる。その間に男子が立ちふさがるって感じになってる。
 
「ほうら、アピールしたいならこのくらいしないとな」
 
 十字傷の男は自分が捕まえてる女子生徒のスカートを何のためらいもなく持ち上げた。そしてその中身が勿論だけど山田奏の視界にはいる。
 
「やめ……て」
 
 女子生徒が絞り出すような声を出して涙がこぼれる。その瞬間、山田奏は拳を振り切った。

転生したらロボットのなかだった(ただし出ることはできません)運命という世界線を壊せ 834

 龍の願いを受け取って、私はこの世界を支えるための装置を作った。そしてまずはその装置で何をするのか。それは簡単。なんか勇者にやられた黄金の鬼がそのエネルギーを暴走させようとしてる。

 

「もったいない」

 

 鬼のエネルギーと奴が奪った龍のエネルギー。このまま暴走してしまったら、この世界も危ないし、私以外にはどうすることもできないだろう。

 なのでさっそくそれをいただくことにした。もちろん私が……ではない。黄金の鬼の最後のエネルギーを新たに龍の代わりに稼働し始めた装置に流すことによって、世界の救済と延命……二つを同時に行えるという一挙両得な算段だ。

 私は気づくとコクピットの中へと戻ってた。コクピット内ではエマージェンシーが鳴り響いてる。どうやら時間はあんまり経ってない。というかほぼ経ってない。だって私があの空間に呼び出されたというか、龍からの干渉を受けたときには勇者が丁度黄金の鬼を倒したところだった。そしてそこで鬼のエネルギーが暴走しそう――というところだった筈だ。実際、あのあと一分もまだ経ってない。

 でもあの出会いは妄想ではない。なにせ私の目の前にはその装置がある。どうやらかなり深い砂を潜ってたらしい。私が作り出したそれは銀色のひし形をしてる。そしてゆっくりと回ってる。砂をそのエネルギーで押しやって、動くスペースを確保してる。まあ動くといっても、その場でクルクルまわってるだけだ。

 これが龍の代わりの新たな明を支える存在だ。けどまだ完全稼働をしてるわけじゃない。黄金の鬼、そのエネルギーを得ることで完成する。そして鬼のエネルギーにはいろいろと情報だってあるだろう。やっぱりその肉体を調べるのが一番だが、エネルギーには残滓として残ってるものはある。

 だからこの黄金の鬼のすべてのエネルギーが解放されるこの爆発を取り込めば、鬼の……いや黄金になった理由とかも全てじゃなくても、わかればいいなって。それなら教会が何をやったのか、ちょっとはわかるかもしれない。

 

キィィィィィィィィィィィン

 

 そんな音が聞こえる。ひし形の上下がスムーズに動いて開いた。そこからなにやらぶよぶよが出てきた。そういうところまでちゃんと引き継いだらしい。そしてそのぶよぶよの先端が空間を通してきえていく。それがどこに行ったか、見なくてもわかる。でもまあ見るけど。外にいるドローンを使って、私はそれを確認した。空間を超えてぶよぶよがエネルギーが暴走する所へと近づく。そしてそのまま、その黄金の鬼のエネルギーを吸引して装置へとながす。それによって、装置が本稼働にはいった。これによって、崩壊しかけて世界が安定を取り戻すことだろう。

 めでたしめでたし……だ。

転生したらロボットのなかだった(ただし出ることはできません)運命という世界線を壊せ 832

 でもネナンちゃんにはこれ以上の負担をかけたくない。それに、この龍が言ってたように、危険がある。それこそ消失とかしてしまう可能性だ。なにせ世界を支える力……エネルギーを受け入れることになる。いまだってネナンちゃんはそのエネルギーに苦しんでる。とても制御できてる……なんて言えない。

 だから湧き出るエネルギーを私がつくってるアクセサリーへと移して、それでなんとか毎日を何の問題もなく過ごせるようになってるんだ。もっともっとネナンちゃんが成長すれば、自身から溢れ出てくるエネルギーを制御できるようになる可能性はある。

 けど残酷だけど、はっきり言ってそれまでこの世界は待ってくれない。もっと事態がゆっくり動いてくれればもしかしたら……いや、そんなのはきっとなかったんだと思う。

 

「あの子はきっと耐えられない」

 

 私は龍にそう伝えた。それは事実だ。そうなったらもう候補はいないのか、「残念」「無念」と帰ってきた。これは翻訳する必要ないくらいそのままである。このままではこの龍はもう限界で、そしてこの龍が機能しなくなったら、この世界は崩壊するんだろう。だって明の時に、世界を守ってる……維持してるのはこの龍なのだ。

 もしもこの龍がいなくなったら、宵に飲み込まれることになるだろう。だって世界の外は宵だった。その宵からこの龍は世界を守ってる。龍がいなくなる時、その時が宵へと溶けて、世界はなくなるからね。

 そして鬼たちが世界をくみ上げて、再びそれを龍が包み込むことで、明になる――そういう風になってるみたいだ。それがこの世界のサイクル。でもこの龍がいなくなったら、いつも通りに鬼たちが世界を再構築したとしても、その再構築された世界を包み込む存在がいないのだ。きっと私たちが思うよりも世界というのはもろいのかもしれない。

 だから守って支える存在が必要。それがこの龍だ。つまりはこのまま、この龍の役目を引き継げないまま、こいつが完全に消滅したら、その時点でこの世界は終わり……詰みというわけだ。実際、ここまでのことを教会がねらってたことなんだろうか? 

 確かにあいつらはこの世界をぶっ壊して新たな地……約束の地へと至ることを目標にしてる。そしてそのためには早くこの世界をぶっ壊したい……と思ってる。けどこれでぶっ壊せて本当に約束の地への扉が開くんだろうか?

 

(どんな形でもいいの?)

 

 でもそれは違うような気がする。だって私は神にあった。この世界の神に。神からしたら失敗しても、新たな世界を作るのは造作もなさそうだったけど、奴ら神はどうやら空獣におびえてる。だからこそ、文明やらなんやらを成長させて、空獣に対抗できるような存在を自分たちの世界から生み出そうと考えてる。

 そうなると、世界は崩壊させても、その経験? とかその世界で生き抜いた人たちを次の世界で使って効率を図るのはわかる。でもここで 龍が死んでの世界崩壊は神だって想定外ではないだろうか? もともと伝え聞いてた話では太陽に到達したら……だったしね。

 それにいつだって神が見てるのかもわかんない。もしかしたら神が気づく前にすべてが崩壊したら? 道は開けないかもしれない。だってどう考えてもこれは正規ルートではない。

 まあ、させないんだけど。

 

「安心しなさい。あんたの力、私じゃないけど、私が受け入れられるものを作ってあげるわ」

 

 なにせG-01ならできないことなんてないのだ。この龍の機能……それをなるべく引き継ぐような装置を作り出せば、万事解決だよね。

ある日、超能力に目覚めた件 196P

「まず、聞きたいんだけど、何を目的にしてるんだこれ?」

 

 いろいろと野々野足軽はもちろんだけど、疑問はある。でもやっぱり一番大切なものって、どんな目標、目的で集まってるのかってことだ。

 桶狭間忠国の言葉を信じるのなら、この『秘密結社』なる組織? グループ? には50人近くの人数がいるらしい。それだって野々野足軽は半信半疑だが、そこは置いておこう。とにかく50人もいるグループとなると、なかなかに大所帯だ。それに……なにやらとても彼らは活発的なのだ。みんなが皆、それこそただこの中でダベるだけ……なら別に全然問題ないだろう。どこにも迷惑なんてかけない。ただネット上でしゃべるだけなら、野々野足軽がただただ無視していればいいと思ってた。

 けど、このグループは何かをやってるのだ。今だって、ピロリンという音ともとに『クラブで踊りまーす』とかいう訳わかんない投稿があった。

 彼らはいったい何を目指してるのか……まったく野々野足軽には理解できない。

 

「それは明白です。全ては貴方のためです」

「はあ……」

 

 なんか膝をついて頭を垂れる桶狭間忠国。まさに仰々しく……という言葉が似あう雰囲気を醸し出してる。けど野々野足軽の反応はたんぱくだ。なにせそんな説明では訳が分からないからだ。てか説明になってない。

 

「そんなこと、俺が頼んだか?」

「ぐっ……」

 

 膝をついて頭を垂れてる桶狭間忠国が震えだす。野々野足軽はなんかはぐらかされてる気がして、イライラとしてるようだ。その気持ちが、力――へと乗ってる。そして、その力が桶狭間忠国にまとわりついて、それを目ざとく感じることができる桶狭間忠国は汗を流して、息も荒くなってた。

 

「はあはあ……」

 

 その顔には恐れがある。けど……それだけじゃない。なにやら恍惚とした表情をしてるような……と野々野足軽は思った。すると桶狭間忠国は口を開く。

 

「ああ、至らない自分めに罰を与えてくださるのですね」

「え?」

「どうやら自分は至らなかったみたいです。ならば! ならばさあ罰を与えてください!!」

「いや、そんなことよりも、もっと具体的に……」

「さあ!!」

 

 せっかく説明をしてくれたらそんな罰とか実際どうでもいいと思ってる野々野足軽に、顔をバッとあげた桶狭間忠国はその濃ゆい顔を見せつけて懇願してくる。

 その勢いはなかなかにすごい。桶狭間忠国はその場から一歩だって動いてない――筈なのに、まるでその圧が迫ってくるようだと野々野足軽は感じてた。

 そしてそれは野々野足軽がちょっと引き気味なのも関係あるだろう。さっきまでイライラが前に出てたが、今この時、目の前の桶狭間忠国がとても気持ち悪い存在に野々野足軽には見えてて、ちょっと引いてる。

 だって嬉々として罰を求めてるようにしか野々野足軽には見えないからだ。

 

「はあ……」

 

 一体どうするのが正解か、野々野足軽は考える。自分とそして桶狭間忠国の関係をどうしていきたいのか? そして辿り着いたのは対等ではない、上下がしっかりとしてる関係だ。なら……ならばやるしかないだろう。

 引き気味だった顔を整えて、とりあえずゴミを見るように桶狭間忠国をみる。そして言った。

 

「なに、調子乗ってるんだ? 貴様は指図する立場じゃない」

「ぐほっ!? あががが……」

 

 何をやったのかといえば、野々野足軽桶狭間忠国を地面に押し付けた。もちろん触れてなんてなんかない。ただ見つめただけで、桶狭間忠国は地面に……というか、床にその巨体をカエルのようにへばりつかせてる。

 なにやら体のいたるところからパキやら、ポキやらとか聞こえてるが、きっとこれを終えた後は体中がスッキリとしてることだろう――と野々野足軽は思ってた。

転生したらロボットのなかだった(ただし出ることはできません)運命という世界線を壊せ 833

 はてさて、どうしようかな。私は目を閉じて、メニューを呼び出すよ。実際、ステータス画面みたいに、目の前に現れてくれたらいいんだけど……どうやらそういう機能はなさそうだからね。とりあえず必要な機能ははっきりしてる。

 そこから絞り込んでいけばいいだろう。あとは私の力量次第かも。だって上手く宵と明で切り替わるようにしないといけない。宵になったら、その機能を開放して、鬼によって世界を明け渡さないといけない。まあタイマー機能でもつけておけばいいかな? それで大丈夫なのかは正直わかんないけど……

 それかなにか世界のシステム的なものに接続とかできれば……もっと柔軟に対応できるかもしれない。

 

「ねえ、何か力を引き継げない? それなら今までのあんたのやってきたこと、完璧にできるかも」

「了承」「放棄」「未練」「欠如」「完璧」

 

 ふむ……どうやら私にすべてをくれるらしい。それに未練なんてない。だからこそ、自分の残った力やらなにやら、すべてを開示してくれるということだ。それならいろいろと世界の仕組み? なんてものもわかるかもしれない。まあなんか世界によってありようってやつが全く違うから、それが参考になるのかは正直わかんない。けど、ある意味でもしもG-01をつかって世界を作るとかなったときに役に立ちそうではないだろうか? 作り方をしらないよりも、知ってた方がなにかといいと思うし。

 なのでありがたく龍からそれを受け取ることにした。龍の長いひげが私の周囲を包んでいく。そして先端の二つが私の目の前に。

 

「ふむ」

 

 どうしたらいいんだろうか? 手でも出す? でもやっぱり情報を処理するのって頭じゃん? なので頭をちょっと差し出してみた。すると私の頭にその二つの髭の先端がふれる。その瞬間、いろいろと情報が流れ込んできた。

 

「うっ」

 

 ちょっとふらつく。なにせ世界のさまざまな情報が一気に流れ込んできたのだ。今まで何度も脳を拡張してたからなんとか耐えられたけど、そうじゃなかったらこの情報量に耐えられなくて気絶してたかもしれない。それならまだいい方で、もしかしたら脳がぶっ壊れて廃人になってたかもしれない。

 大げさ? いや、実際脳なんて鍛えようないんだから、無理やり情報とか押し付けられたらそうなる可能性はあるよね。

 

「ふう……よし」

 

 私はいろいろ考えて手をかざす。まあこの空間に何かが現れる訳じゃない。けど、この世界の今、この龍がいるぶよぶよの空間にそれはきっと現れてる。それによって、世界の役割を装置へと置き換える。

 

「感謝」

 

 そんなことをいって、龍は粒子になって消えていった。