uenoutaの日記

好きなものを描いたり、買ったものを紹介していきます。

転生したらロボットの中だった(ただし、出ることは出来ません)運命という世界線を壊せ 419

「何?」
 
 けたたましい警報の音……その心当たりと言えば、目の前の鬼達が何やら両手を組んで祈りだしたときからだから、それが無関係なわけないよね。
 まあ祈ってると言っても、頭とか垂れてるわけじゃない。むしろ背筋ピーンんとしてるしまっすぐに前を見据えてる感じだ。そして今し方作った虫の模型? みたいな物を数体の鬼達が囲んでる。二桁も行かないけど、八体くらいは居るね。
 そいつらが集中してるのか、こっちを追いかけてくるときには出ないような濃密な力を感じる。
 
「こいつら……本気になってる!?」
『力を高めてるようですね』
 
 AIは随分とのんきな声を出してる。かなり濃密な力でこっちにもビリビリときてるよ。てかだからこそ、こんな警報が鳴ってるんだろう。
 
「なにか影響を受けちゃ不味いし一端離れよっか?」
『むしろ、これはチャンスでは? この力、解析した方が良いのでは? この宵という現象と世界の仕組みを解明出来るかもしれません』
「むむむ……」
 
 そうはいうけど……それって私の脳細胞使うじゃん。あれ頭痛いんだよ。確かにこの宵という時間はとても特殊な物だと思う。わざわざ毎夜毎夜世界を崩壊させて再びくみ上げるとかそんなメッチャ面倒なことを毎回やってるなんてどういうこと? とは思うよ。ても気にしなかったら、そういう世界なんだね――で終わることでもあると思う。そもそもがそんなに私たちは世界を見てきたわけじゃない。
 こういう世界があっても「そうなんだ」と思うだけでも良いんじゃない?
 
「世界の秘密を解明するなんて事が必要かな?」
『そういう姿勢だと、大切なことを取りこぼす物です。知ってて得はあっても、損なんてないんですよ』
「それは……そうかもだけど……」
 
 高まる鬼達の力。次第に作った虫の模型を囲んでる鬼達の足下には何やら這い出てきてる。これが光る魔方陣とかならまだ幻想的だったんだけど……そんな生やさしい物じゃないよあれ。なにせ這い出てるの砂獣? のように見える。泥みたいな物かぶった砂獣たちがゴボゴボと鬼達の足下から這い出てるというか、盛り上がってるというか……そしてその脚や触手をクネクネ、クネクネと……気持ち悪い。
 
「あれは知りたくないな……」
 
 心から私はそう思った。

UENOUTAのお絵描き動画!『誰でもないGirl4 線画編2』アップしました。

youtu.be

 

 やっちまったよ。Pixel6プロを予約してしまった。ひつようないとおもってたんだけど……ね。しょうが無いです。くっそー。グーグルにやられました!! なんかもう写真はスマホで良いかなって……もちろん動画はBGH1で行きますけどね。

 あと音声入力にも期待してます。案外良いかなって……キーボードは打ち間違いがどうしても……ね。というわけで、言い訳終了です。

転生したらロボットの中だった(ただし、出ることは出来ません)運命という世界線を壊せ 418

『いきなり大部分を換装すると確率は引くいですが、パーツの齟齬が起きる可能性があります。それに慣しも必要ですからね。それに出力が変われば、貴女がこれまで通りに動けなくなる可能性があります。なにせそんなに運動神経良くないですからね貴女』
 
 うっさい。自分がそんなに運動神経良くないのは自覚してよ。それでも上手くなんとかやってくれるのがG-01のシステムなんだと思う。転びそうになっても、大抵は勝手に立て直してくれるからね。
 
「そんなに感覚か変わる物なの?」
『それは人によると思います。ですがそういうの、鈍くさい方でしょ?』
ぐぬぬ……」
 
 否定出来ない自分の鈍さが悔しい。確かに私は鈍くさいよ。ちょっと感覚が変わると、上手く動かせなくなる……という可能性は大いにあると思う。
 
「じゃあ……どうすれば?」
『逃げ足は得意じゃないですか』
 
 嫌みか……でもそうだね。前も逃げれたし、今回は小手もある。ダメージは与えられなくても、牽制とかには使えるだろう。とりあえず慎重に私は鬼達へと近づく。てか近づけば近づくほどに奴らが作ってる虫がリアルで……うん、気持ち悪い。
 なんか長い体……ムカデのような体にカマキリのような鎌をその足につけてるね。どんだけ凶悪な虫作ってるんだよ。さらにさらに背中側にはなんか砲台みたいな物も……遊びすぎじゃない? ちなみに何故か顔はありのような顔が三つついてる。化け物か。いや砂獣自体が化け物だし、今更だけどさ。
 観てるだけでおぞましいが、それを制作してる鬼達は……
 
「何やら楽しそうだね」
 
 うん……そう見える。わたしをおいかけてくる時なんて無表情みたいな感じなのに、何で虫を作ってるときはそんなに楽しそうなのか。いや表情がこいつらにある訳ではない。
 けどさ……なんか肩をすくめたり、隣の奴の方をポンッとたたいたリさ。何か感情がわき上がってるのが見えるというか何というか……そうこうしてるうちに、次は別の虫を作り始めてる。羽が生えてるタイプだね。細長い体に蝶のような……というかこの場合は蛾みたいな羽をつけて、体はお尻の方がくるっと丸まってる。頭は異様に大きく、その先に大きな二つの目。まあこれも不気味だけど、そこまで普通の虫を逸脱してはないかも? 
 更にもう一体。今度は細長い体に細長い足が八つくらいついてるメッチャシンプルな虫をあっという間に作ってた。その最後の虫には頭とか呼べる物はない。前も後ろも同じ形してる。欠陥かな? でもどうやらそれで満足してるようではある。シンプルイズベスト的な感じだろうか?
 そうして最後の仕上げなのか、鬼達は胸のところで両手を組んで何やら祈りだした。
 その瞬間、コックピット内に警報が鳴り響く。

UENOUTAのお絵描き動画!『誰でもないGirl4 線画編』アップしました。

youtu.be

 

 閃光のハサウェイを観ました。Uネクストで来てたので無料です。いやーやっぱりプロジェクターで観る映画は最高ですね。ギギちゃんが可愛かったです。てかギギちゃん目的で見始めましたからね。

 あの自分のこと綺麗だって、美少女だってわかってる振る舞い良いですね。でもなんか本当は汚いとか言ってるあたり、あの子もなかなかに抱えてる者がありそうというか……お偉い人の慰み者になってるのかなって……まあそれはそれで興奮しますね。

 今回の閃光のハサウェイガンダムの歴代興行収入でトップに言ってるらしいですね。でもそれも納得です。面白かったです。ギギちゃん可愛い――と思って終始見てたわけじゃないですよ。

 まあ最終的にはギギちゃん可愛いな――で最高評価ですけどね。モビルスーツ戦とか重量感と、市民にとってのはた迷惑さが際立ってて面白かったです。実際ガンダム同士の対決は味気なかったですけどね。

 それはきっと次回以降なんでしょう。そのかわりに市街地戦はとても凝ってましたね。後背景も凄かったです。植物園? みたいなところの作画とか凄すぎて実写? と思ったし。

 それぞれキャラクターも魅力的でした。次回も是非みたいですね。

UENOUTAのお絵描き動画!『誰でもないGirl3完成編』アップしました。

youtu.be

 

 ようやくコントローラーが戻ってきました。でも悪かったのは自分かもしれません。なにせスマホをマナーモードじゃなくて、サイレントモードにしてたんですよね。いや、一緒みたいな物かと思ってましたよ。

 でもどうやら、サイレントモードってのはマナーモードの強烈版? みたいな物らしいですね。自分が許した通知以外は全てシャットダウンするのがサイレントモードみたいです。

 電話もそうです。だからですね……サポートからの電話全く気づかなかったです。だって一切鳴らないんだもん!!

 イヤマジびっくり。ごめんなさいです。自分のせいです。なかなか強力なモードだったからストーカーとかの被害に遭ってる人には良いかもしれないですね。

 でもマナーモードとかいうのは別になかったというか……システムに入ったのがいけないのかな? ただ音声を最低にしてれば良かったの? わかんないですね。

 まあけどもとってきて良かったです! BFも予約したし! これで万全の態勢で発売日を迎えられます!

転生したらロボットの中だった(ただし、出ることは出来ません)運命という世界線を壊せ 417

 鬼達は創作活動に夢中になってる。粘土遊びをしてない奴らもいるが、そいつらはこっちに向いてないから無視して大丈夫だろう。それよりもいきなり粘土遊びし始めた奴らが気になる。
 そいつらは何やら新たなる砂獣を作ってるように見えるしね。其れが気になるから私も恐る恐る芸術に精を出してる鬼達に近寄ることに。
 
「いざとなったからこれで……」
 
 私はそう言って新たな装備に成った小手を装備した腕でシャドーボクシングをしてみる。最初はただただ地味で不満だったけど、今はこれがあるだけでちょっとは心強い。
 まあこれよりも魔王と勇者を武器にした方が強いんだけどね。あの二人を本来の姿である剣にして戦うのが完璧なG-01の装備というか、多分? そうだと思う。
 
『それでは鬼達には力不足だと思いますよ』
 
 無慈悲なことをAIが言ってくる。この小手で何でも出来る――って気になってるのにそんな水を差すようなことを言わないでほしい。確かにこれではデカすぎる相手はちょっと荷が重いかなって思ってたよ。でもそれなら……
 
「ならもっと強力な武器をちょうだいよ」
 
 エネルギーならまだある。都市核というエネルギーがね。一個使ったけど、あと四つあるし、最悪一個残しておけば後で返すときにも問題無いと思うんだ。
 だから四つ使えばこの小手よりももっと強力な武器が作れると思う。
 
『今の貴女では色々と足りないのでそれ以上の武器となると難しいですね』
「エネルギーが問題なわけじゃないって事?」
『開発可能な武器の一覧で、検索を描けると表示されない武器があったと思います』
「それはあったね」
 
 確かにAIの言うように検索を描けるとなんか除外される奴とかあったね。でも其れを抜きにしても大分いっぱいの武器の一覧があったとおもうけど……
 
『細かな条件は沢山あります。それにまだまだベースであるこの機体自身のスペックが最低の部類である――ということを覚えておいてください」
「うぐ……それって私のせいなの?」
『誰が操ってるのかと言うことを考慮すればわかるかと……』
 
 何でこういうときに限って当回しに言うかな? 嫌み度が増してるよ。絶対にそれを狙って遠回しに言ってるんだと思うけどね。
 
「もっと細かくエネルギーが貯まったらパーツをアップグレードしてた方が良かったって事?」
『その可能性は高かったと言うことですね』
「ならそう言ってよ……」
 
 AIが言うのはいつだってもっとG-01を理解しろって事しか言わなかったじゃん。だからこそそっちに脳細胞を裂いてたわけで……それなのにパーツを随時更新して行ってたら、それこそスペックが常に更新されていくことになる訳じゃん? ついてけないよ。だからこれは私のせいではない。
 
「じゃあ、今はこの小手以上の武器は期待しない方が良いって事?」
『一応おすすめのパーツや武器を選別してそれをここでアップグレードするという事も出来ますが――』
 
 出来るならそれをした方が良いと思うんだけど、何か意味深に止めたね。とりあえずまだ続くんだろうし黙って待っておく。すると私の反応が淡泊だったのが気に入らなかったのか若干トーン落としてこう言った。
 
『――それはおすすめしませんね』
「おすすめとか最初に言っておきながらおすすめしないとか……矛盾してるんですけど……」
「いくつかそれに理由があります」
 
 どうやら私の的確なツッコミは無視を決め込むつもりのようだ。

転生したらロボットの中だった(ただし、出ることは出来ません)運命という世界線を壊せ 416

 夜から宵へと移り変わる。その様子はいつ見てもこう……ぞわぞわとするというか……そんな感じがある。何せその光景は異常そのものなのだから。
 
 宵の度に世界は作り替えられている。人々は宵を認識してないが、そんな風にまことしやかに語り継がれてたわけだけど、私たち世界の外から来た者達にはこの世界の法則は適用されない。だからこそよいにも起きてられるわけだけど……そして真しやかに言われてた宵での世界の崩壊と再生、それが真実だとわかった。
 
 地面は崩れて、空は落ちてくる。世界の境目はなくなり、全てが粒のような光りへとなって漂い出す。そのなかで無事なのはそれぞれの都市と、そしてテントが無事なだけだ。なんか結界なのか、そう言う物が周囲に張られてて守ってるんだよね。
 
 でも不思議なことに、都市自体にはそんな物を張ってるわけじゃないって事だ。そんなことが出来るなら、砂獣対策のために使うだろうしね。
 そもそも一般には魔法なんて広まってない。中央が独裁してるからね。でも何故か人々の居る場所……というか寝る場所? は護られるみたいな法則があるみたい。
 勿論野ざらしじゃ駄目みたいだけどね。実際協会が独自の技術を使って作ったとか言うテントを見せてもらったけど……あれのどこが独自技術なのか私にはハテナだった。
 
 勇者も魔王もそうみたいだけどね。私たちには認識出来ないようなこの世界の独自技術が使われてるのかもしれないけどね。でもそうじゃなかったら、協会は何の変哲もないテントを高値で売り出してることに……そのくらい何の悪びれなく協会ならしそうだけど。
 
「さて、出てきたね」
 
 崩壊した世界にはとてつもない怪物が居る。それが何なのかはわかんないが、とりあえず「鬼」と呼んでる。鬼はこの宵にしか出てこなくて、崩壊した世界を何にやらやってる。
 てか多分元に戻してるのもこいつらだと思う。宵の初めはせっせと光を集めてて、それぞれが食ったりなんか投げたりしてキャッチボールしてたりする。
 そして宵が終わりに近づくと、スクラム組んで溶けるようにしてその背中からいつもの世界が構築される……みたいな? 
 
「おっと……」
 
 私は伸ばされた鬼の腕をよける。何せこいつら見境無いからね。護られてる都市とかテントは襲わないけど、其れ以外は全部に手を伸ばすのだ。
 
 そして捕まったら最後、食われたらいくら何でもG-01でも無事では済まない。なにせ鬼達はめっちゃデカい。スケール感がバグってるからね。山とか、星とかのスケール感してる。つまりはG-01なんて鬼にとっては赤子……いや虫みたいなものだ。
 
 だからこいつに捕まることはあってはならない。けど、捕まえられない私へと押し寄せてくるんだよね。前がそうだった。宵が終わるまでの追いかけっこは本気で死ぬかと思った。
 
「でも、今回はもっと上手くやるよ」
 
 私は同じような状況に慌てる女ではない。さあばちこい! とか思ってると、何やら鬼が集まってる。けどこっちには来ない。なにやら話し合ってる? すると集まってる中の何人かの鬼の色が白くなっていった。一体何が? そう思ってると、その白い鬼の頭を黒い鬼が握って潰したかと思うと、粘土のようにこねくり回す。
 
 そして他の鬼達も……だ。
 
「何これ?」
『今日は図工の時間のようですよ』
「面白い冗談ね……」
 
 でも実際、そんな感じになってる。いやちゃんといつも通りにやってる鬼達も居るけど、なんか近くの鬼達は白くなった鬼をこねくり回して何か作ってる? 
 
 そしてそれは次第に昆虫のような何か……だとわかってきた。てかかなり詳細だな。デカいから細かく作れるのかもしれないけど、めっちゃ奴ら器用だよ。
 
『あれは、もしかして砂獣の型なのでは無いですか?』
「砂獣をこいつらが作ってるって事?」
『確証はありませんが』
 
 まあけど確かに砂獣って昆虫の形してるのが多いし、今鬼達が作ってるのも昆虫に見える。でもあんまり見たことない形ではあるけど……それに実際砂獣っていっても昆虫型だけでは無かったのも事実なんだよね。
 
 やっぱり情報が足りないね。恐ろしいけど、ちょっと近づく?