uenoutaの日記

好きなものを描いたり、買ったものを紹介していきます。

115P

「どうにかして、あれを取り返したい……」

 

 平賀式部は真剣な眼差しで、そんな風にいう。たしかに実際、あれが平賀式部の大切な思い出の品ならば、取り返したいと思うのは当然だよな……と野乃野足軽は思う。

 

「一つ聞きたいんだけど、あれって本当に本当に絶対に平賀さんの思い出の品だよね? 勘違いとか無いよね?」

「野乃野君……」

 

 なんか鋭い視線を向けられた野乃野足軽。けどこれは重要なことだと思う。だって……実際あの指輪にはこれといった特徴がなかったんだ。あれに特徴的な宝石とかがハマってる……とかならばぱっと見であれが自分のものだ!! と分かるのも納得できる。

 けど、あの指輪はとても地味だった。婚約指輪は派手な奴を送ったりすると聞くが、結婚指輪って普段からつけられるように地味な感じになると聞いたことがある。

 実際、野乃野足軽の両親だって、普段は存在感がないただのリング状の指輪をしてる。傍目に見たら誰のかなんてわかんない。その指にハマってるから結婚指輪と分かるのだ。

 

「いや、結婚指輪ってどれも似たように見えるし……」

「……そうだね。野乃野君の言うとおりかも。私もカッとなってたし……もしかしたらあれが全然違うものだってあるかも……ただの贈り物だったとか?」

「でも覚えてるかって聞いてたような?」

「何人もの女の子から指輪くらい貢がれてそうだし、勘違いがあってもおかしくないわ。あの男なら」

「それは……」

 

 流石にひどいのでは? という言葉は出てこなかった。だって野乃野足軽もそれはあり得なそうだ……と山田奏を思い出して思ったからだ。そして同時にイラッともした。

 

「とりあえずあの指輪が本当に私のものなのか……それを確かめないと」

接触するのは危ないような……」

 

 実際山田奏の本当の姿がわからない野乃野足軽はそういった。その言葉に平賀式部もためらうよ。それに下手にまた山田奏と接触してるのを誰かに見られると、いらぬ噂を立てられそうでもある。

 なのでここは……と野乃野足軽はおもった。

 

「俺がやるよ。丁度、あの人とは知り合いになったからね。俺なら偶然たまたま? を装って接触して話の流れで……とかできるかも」

「いいの? 野乃野君には関係ないよ」

「全然。任せておいて」

 

 そう言って野乃野足軽は渾身最大の爽やかな顔を作ってた。

転生したらロボットの中だった(ただし、出ることは出来ません)運命という世界線を壊せ 752

「リスクが高いか……」

 

 いつもなら一匹くらい鬼を狩るのはそこまで緊張するものでもない。けど、今は万全な状態じゃない。それにいつもと鬼たちの動きも違うし、なによりも今は明である。宵の時間は鬼たちはなんていうか? 勤務時間帯なわけで、だからこそあんまりこっちの対応に割けないって感じで、僅かな数しか相手に来なかった。

 けど今はどうだ? 実際、鬼たちは分解爆発のせいで出来た宵の穴を埋めるためにあくせく動いてる。だから実際、私が戦いを起こしたとしても、いつもみたいになる可能性もある。

 

「けど、いつもじゃない行動をしてるのも確かなんだよね。……それに時間をかけたくないし……」

 

 実際鬼の角を得るのは、そこそこの時間をかけてるのだ。だって鬼の角を折るのは並大抵の装備と威力では出来ないことだ。なにせ膨大な力を宿してるからだ。そしてそういうのは無闇矢鱈に奪うと大抵ろくなことにならないっていうね。

 膨大なエネルギーは下手に暴走したらそれこそ世界を壊しうるなんて事が起きる。特に鬼の角に宿ってるエネルギーなら冗談抜きでそれができる……出来てしまう。だからそこそこ弱らせて、ある程度角のエネルギーを制御できる状態、低下させた状態でもぎ取るのってことをしてた。

 つまりは万全な角を私は得てたわけじゃない。だからこそ、宵の時間をいっぱいつかって一本をとる……なんて事をやってたわけだ。けど、今はその時間がない。鬼の行動も宵とは違うみたいだし……できるなら、一撃で角を得たい。

 

「今なら、鬼の角のエネルギーをつかってG-01を回復させれば、ちょうどいい感じに制御できるようになる可能性もある……」

 

 いつもならある程度、鬼にエネルギーを消費させるわけだけど、その消費させるエネルギーを回復に回せば、いつものようになる可能性がある……というのは都合のいい考えだろうか? でも数字で出してる結果からもその可能性はなかなかに高い。おおよそ60%程度はある。

けどそれは……

 

「諸々全部がこっちの都合よく行った場合……何だよね」

 

 そんなに世界は私に優しいか? と言われたらNOと言わざる得ない。

 

「下手なリスクは取らないほうが……」

「うう……お父さん……お母さん……お話……したいよ」

 

 ネナンちゃんのそんな鳴き声に私は心が動かされるよ。だって幼い女の子が泣いてるんだよ? それを止めることが出来なくて、どうして空獣を倒せるようになるというのか? いや、全く繋がりないけどね。

実際、人の体のマネキンを作るだけなら、今残ってるだけのエネルギーでも十分できる。なにせ私の……というかG-01の数値上の1はこの世界の現地の人間の万人分のエネルギーだ。

 なので二体のマネキンなんてのは簡単にできるわけだけど……それは実際、ただのマネキンであって、人形である。それで彼女は納得できるか? いや鬼で感動してたネナンちゃんなら納得してくれるだろう。

 でも私は納得できない! 高性能な体ではなくていいだろう。けどどうせなら、短い時間でも最後の別れをさせられるくらいのちゃんとした体……せめてぬくもりを感じられる様なそんな体を用意したい!!

 というわけで、私はそっとネナンちゃん達から離れて、宵へともどる。大丈夫、私ならできる。

転生したらロボットの中でした(ただし、出ることはできません)運命という世界線を壊せ 751

「うーん、でも入れ物が必要って言われても……ね」

 

 私は困った事態になってることに頭を悩ませる。いや、いつもの私、そしていつものG-01ならこんな事は別に問題ではない。なぜなら有り余るエネルギーを使ってそれができるからだ。別に一体・二体くらいのドローンはG-01の機能とかで作り出すこと出来るからね。

 そういうプレーンというか、設計図が予めあるのだ。そしてある程度のものならG-01は物質から生み出すことが出来る。それがどういう原理というか、科学の力のなのかは私の頭ではまだ理解できない。もしかしたら後百回くらい脳の機能を拡張すれば理解出来る様になるのかもしれないし、いくらやっても駄目なのかもしれない。そもそも脳を拡張してるのって別に頭が良くなってるわけじゃないし。なんか処理能力や記憶領域が増えてるって感じである。

 パソコンで言うなら、SSDやメモリを増やしてるだけで、CPUを改善してるわけじゃないっていうか? そんな感じだと思う。けどそれだと行き詰まるのは目に見えてるわけで、もしかしたら最初にそういうのを増やしておいて、後からの拡張でCPUを改善していくのかもしれない。

 だっていくら机が広くなって、更に沢山の物をしまえる棚が増えたとしても、机に積み上がっていくタスクは、それを処理できる頭事態が良くならないと溜まっていくだけになるのだ。

 いや、普通に生活するだけならきっとそれでも困ることはないだろう。そんな社会がこの世界の何処かにあって、そういう安寧が許されるのならば……だ。けど私にはそんな選択肢はない。

 なぜなら私はG-01に囚われてるからだ。保護されてる……と考えることも出来るが、それは同時に囚われてる……と考えることだって出来る。だって私はここから出ることは出来ないからね。

 

「今作れるもの……いや、待てよ……」

 

 細々と考えることは私にはあんまり似つかわしくない。ようは回復をができれば、新たな体を生み出す事ができる。はっきり言って、この場合はそんな高性能なんて求めてない。勇者や魔王、そしてアイに作ってやった体ほどを求められてるわけではない。というか、そんなのを作ってしまって与えたらある意味で問題になる様なきがする。

 だってそんなのしたら、死んだ人も生き返らせることが出来る――みたいな認識になってしまわ無いだろうか? それはとても危険な誤解である。そもそもが考えてみたら、勇者も魔王も入れ物があるからこうやって世界を渡って生き続ける? みたいな事ができてる訳で……ちょっと考えれば魂にはそれを安定化させる為に器が必要だと気づくことが出来る。だって実例が傍にいたんだからね。

 

「エネルギーはあそこにある……」

 

 私は宵で必死に分解爆発した穴を埋める鬼を見た。鬼の角を手に入れることができたら……エネルギーは十分に補充できる。

ある日、超能力に目覚めた件 114P

「あの指輪は昔になくしたと思ってた指輪で、出どころだってはっきりしてる。少なくともあの人はなんの関係もないわ」

 

 内心の興奮は隠して、平賀式部そうはっきりと言い切る。流石にそこまで言われると野乃野足軽もあれはそういうものなんだ……と思ってしまう。少なくとも、別に今の平賀式部の言葉を否定する理由もないし……けどそうなるとどうして? ってことになる。

 

「どうしてそんな物をあの人が? 山田先輩からもらったものじゃないんだよね?」

「うん……なくしたと思ってたからびっくりした」

 

 だからってなかなかにすぐに手が出る……っていう女子は早々多くないと思う野乃野足軽だ。けどそれだけあの指輪が平賀式部にとっては大切なものだったんだろう……と野乃野足軽は勝手に思った。

 そしてそんな物を盗んでたなんて……と野乃野足軽はもしかしたらあの爽やか笑顔に嘘はないのかも……と思いだしてたが、考えを改めることにした。

 

「となると……あの人が盗った……とか? あの人にあの指輪を見せたり話したりしたことは?」

 

 野乃野足軽はそう聞いた。だってあの時、見せたあの指輪は別段豪華とかキレイとかそんなのはなかった。はっきり言って子供とかならもっとキラキラしたものが好きだろうと思うし、もしも盗むのだとしても、もっと価値がありそうなのを子供は盗むような気がする野乃野足軽だ。

 

(それに二人は上流階級だし……)

 

 もしかしたらそこらの庶民の子なら、あの指輪でもうれしがるかもしれない。でも平賀式部もそして山田奏も上流階級の家の子だというのは確定してる。……となると、彼女たちの周りにはブランド品とかがあるわけで……宝石だって色々と見たりしててもおかしくない。

 そんな子が、ただ指輪ってだけで、あんな物を盗むだろうか? 物の価値……としてではなく、それに付随してる何かで盗った……となると……そのきっかけはきっと平賀式部が与えるんでは? と野乃野足軽は考えた。だって山田奏が最低なやつだとしても、実際なんの価値も感じなような指輪を拾ったりしたら大人にいうか、警察に届けるか……もしもそのまま持ってたとしても、その存在自体を忘れてもおかしくない。

 それを後生大事にとっておいたのは、山田奏があれが平賀式部のものだと知ってたからだ。実際どの時点で知ってたのか……とか謎だが。

 

「私の記憶ではないけど……でも昔はあれを首に掛けてた時があるから、もしかしたら見た事はあるかも。でもそれもだいたい服の中に入れてたと思う」

 

 どうやら平賀式部は直接は山田奏にあの指輪の事を知らせたりはしてないらしい。本当にただの近所の人……だったみたいだ。でも幼い時はあの指輪を首から下げてたらしいから、もしかしからってことだが……それを見てた? 可能性はないわけじゃない。

 でもそれなら、手に入れた時点で適当な理由をつけて返したほうが接点を持てたのでは? って野乃野足軽は思う。それこそ、それがきっかけで仲良くなる……とか出来たかもしれない。

 もしもそうなってたら、山田奏自身が言ってたように、幼馴染――となれた可能性だってある。けどそういう風になってなくて、なぜかこのときまでそれを大事にとっておいた? 

 

(あの人が何考えてるのかわかんないな)

 

 野乃野足軽はなんか山田奏という人物が周囲の評価とは違って気味が悪い人間に思えてきた。

ある日、超能力に目覚めた件 113P

「あの指輪は……思い出の指輪なの」

「それって山田先輩との……」

「それは違う!」

 

 なんかバンっと机を叩いて平賀式部が立ち上がる。そして強い視線で野乃野足軽を見る。まっすぐに……何かを訴える様な瞳。力で包み込めば強い思いとかは読み取るとることが出来る野乃野足軽だが、流石にそれをいつだってやろうなんて思ってない。なにせ心の中や頭の中ってのは究極なプライベートだろう。

 それを常駐的にやるって気はおきない。さらに相手が平賀式部ともなればなおさらだ。もしも……もしもなにか野乃野足軽自身が知ってショックを受けるような事があったら……と思うととても出来るわけはなかった。

 だから今だってその綺麗な顔、そして綺麗な瞳に見つめられてドキドキしてる野乃野足軽だ。さっきまでその唇にドキドキしてたわけだけど、やっぱり顔全体を見てもドキドキしてしまう。

 

「えっと……落ち着いて。飲む?」

 

 そう言って野乃野足軽は自分のカップに入ってる飲み物を差し出す。これは平賀式部が淹れてくれたお茶だ。かなり美味しくてアースが気に入ってる。紅茶なのか、日本茶なのか名前まではよくわかんないような名前の説明をされてた気がする野乃野足軽だが、それは忘れてしまったようだ。

 

(しまった。俺が飲んだ奴なのに、それって……)

 

 勢いに押されて言ってしまったから、その事を後で気づく野乃野足軽。なので言った後にどうやってこれを取り消そう……とか思ったけど、一瞬お互いなんか無言の時間が2秒くらい続いた。二人してコップを見つめてた。

 けど次の瞬間……バッと平賀式部は動いた。今まで見た彼女の動きで一番早かった……と野乃野足軽は思ったよ。一気にそのコップをとって、彼女には似つかわしくないように煽ってゴキュゴキュと喉を鳴らして飲み干す。

 それでも……だ。それでも美人な平賀式部は喉が動くだけでなんかやらしかった……と野乃野足軽は思った。

 

「ありがとう」

 

 なんか平賀式部の顔が赤い。やっぱり自分の行動がちょっとはしたなかった……と思ったのかもしれないと野乃野足軽はちょっとおかしくなった。寧ろそんな一面を見れることに野乃野足軽は役得だと思ってる。

 けど平賀式部は違うことを思ってる。

 

(飲んでしまった……やっちゃった。きゃああああ! 間接キス!! ううん、これは野乃野君のだ、唾液も接種してるよね!!)

 

 とか思ってた。

転生したらロボットの中でした(ただし、出ることはできません)運命という世界線を壊せ 750

「つっ……」

 

 なんか苦しい。息できないってことはないが、なんかめっちゃ苦しくなった。もしかしたら喘息持ちの人とかこんな感じなのかなって感じで苦しい。いや、私はその経験がないから全然わかんないんだけど……マスクしてるよりは全然苦しいよ。

 

(これはやばいかも?)

 

 早くも折れかける私の心……けどちょっと頑張ってみる。今はまだ体がびっくりしてるだけだ。今まで快適だったから、その体のままに体を動かそうとしてるのがきっといけない……とか考える。だからちょっと時間を置けば、体が勝手に都合よく対応してくれるんじゃないだろうか?

 そんな期待をした。そしてちょっと待つと、事実ちょっとマシになった。ゆっくりと呼吸をすれば息苦しさはだいぶ緩和される。

 

「これなら……」

 

 私は自身に回してたエネルギーを使ってネナンちゃんと両親の魂をどうにかしようとスキャンする。鬼になってた時はネナンちゃんと両親はたしかに繋がってた。てか

会話をしてた。けど今は出来てない。それって一体どうして? 

 

「周波数的にはあってると思うけど……」

 

 家族の何かが致命的にズレてしまった……とかはないらしい。そもそもがそうなってたら、ネナンちゃんはこの光……魂が両親だとは気づくこともできないだろう。なにか通じ合うものがあるから、彼女はあの光を両親だと気づくことが出来るんだと思うし。

 つまりそこに変化はない。なら……

 

「なにがあの時と今では違うのか……だよね。今、ネナンちゃんの両親は魂になってる……あの時は鬼……という体に入ってた?」

 

 でも鬼に入るって出来るの? 鬼はそこらの存在よりもよっぽど強力である。それこそその世界の最強なんて言われるやつよりもよっぽど強い。強い存在に入るってある意味でその存在に染まるというか、もっと残酷に言えば塗りつぶされたりしたりするような……

 それこそあの世界の人の魂が鬼に入って無事でいられる? って気がする。でもここに実例がいるからね。G-01の中にあるデータとか見る限り、今の観測結果からするに鬼のエネルギーはこの魂の数百万倍とか足りないくらいの力の差がある。

 それなのに、魂が塗りつぶされたりせずに、寧ろ鬼となっててもちゃんとこの魂は意思を保ってたよね? それって……

 

「鬼が受け入れてたとしか思えない」

 

 そういうことになってしまう。鬼が? なんのため? それにもしかしてだけど、ネナンちゃんと魂の意思疎通の可能性を私は思いついた。

 

「もしかして、魂と意思疎通するには媒体……ようは魂の入れ物が必要なんじゃ?」

 

 その可能性を見出したよ。

ある日、超能力に目覚めた件 112P

「それは……」

 

 野乃野足軽が山田奏を平賀式部が打ったことを聞いたら、ちょっと予想外の反応だった。野乃野足軽は平賀式部だから「それがなにか?」とか「なにか問題でも?」的な反応が帰ってくる……と思ってた。けど違った。

 平賀式部は流石に殴ったのは悪かったと思ってるのかもしれない。教室での態度とか、先輩への態度とか見てたらそんな事全然ないのかと思ってた野乃野足軽だが、どうやら違うらしい。

 平賀式部は顔を逸して掴んだ髪の束をもって、なんか顔を隠そうとしてる。それがちょっと……いやかなり可愛いと野乃野足軽は感じてた。

 

(反則だろこれ……)

 

 ――と心のなかで思ってる。

 

『すみません』

 

 なんかなぜかわかんないが、アースが謝ってきたことに野乃野足軽は困惑する。

 

(いや、何が?)

 当然何なのかわかんないから、野乃野足軽は頭の中でそう応える。だって今の「反則だろ」は意識してないのに可愛い事をやってしまってる平賀式部に対しての感想だった。なのになぜかアースが反応した。野乃野足軽には困惑しか無い。

 

『いえ、実は彼女がいつも食べてる物が美味しそうだったのでつい……』

(え、食べたのか?)

『いえ、彼女の味覚をジャックして堪能してました。すみません』

「そんな事してたのか……」

 

 なんか平賀式部が食べてる時は静かだとおもってた野乃野足軽。前は「あれはなんですか?」とか「後で食べに行きましょう!」とかいってたのに……どうやらアースは野乃野足軽と平賀式部の経済事情やら家庭のランクの違いにようやく気づいてきたらしい。

 まあけど、実際味覚ジャックが野乃野足軽の想像する通りのことなら、勝手にしてろ……と思った。けど一つ、野乃野足軽は確かめておかないといかないことがあった。

 

(それって何か悪い影響とか無いんだよな?)

『それに対しては問題ないです。なにもする気はないので』

 

 それは暗にやろうと思えばなにか出来る……ということと同義では? と野乃野足軽は思った。

 

『大丈夫ですよ。彼女にはこれからも美味しいものを私のために食べてもらわないと困ります。それに美味しいと感じる彼女自身が必要ですからね。下手に味覚を鈍感にすることもないでしょう。そんなのはデメリットにしかなりません』

(変なことしなければいいけど……)

 

 なんかアースと喋りながら、平賀式部が広げてる弁当……そして彼女が使った箸に目が行く野乃野足軽。さらにはその顔の、今は見づらい口元をみる。髪に隠れてるが、その唇はつやつやだ。

 

(味覚……か)

 

 野乃野足軽はそれを共有したらどういう感じになるのかちょっと想像して罪悪感を持った。