uenoutaの日記

好きなものを描いたり、買ったものを紹介していきます。

転生したらロボットの中でした(ただし、出ることはできません)運命という世界線を壊せ 666

『食われる……とは比喩ですか? 物理的にですか?』

「それって意味有る? どっちにしてもこれを手に取った人はまともな最後は迎えないってことなら同じじゃない?」

『確かに……そうですね』

 

 どうにかしてこの石の封印がされてる武器たちを開放して沢山の人達に渡したいと思ってた。そうすることでこの武器を使って砂獣に対抗できるのなら、そいつらを英雄に仕立て上げることが出来るって考えたからだ。

 なんでもかんでも私や勇者とかに頼り切ってるのはどうかと思うからね。現地の人達でどうにか出来るのならそうしたほうが絶対にいい。そうしないとおんぶに抱っこの癖がついたりするかもしれない。

 それこそ今回は私たちのお陰でどうにかなったとしても、続いてくと悪って出でくるものだと思う。その時、私達は居ないだろう。そうなった時、ここの世界の人たちは立ち向かえるのか……それを考えたら、ちゃんと現地の人達で解決させた方が良いんだよね。

 まあけど、世界のバランス的に現地の人たちではどうにもできない感じになってるのも確かではある。

 

(それも教会のせいって気がしないでもないけど……)

 

 これまで波を防いだことは一度もなかったらしい。けどちゃんと教会がこの世界の人たちに肩入れしてたなら……そんなことはなかったような気がしなくもない。だって教会は想像以上に色々と持ってる。こうやって波を起こせるし……危険そうだけど、これだけの大量の武器だって……

 

『とりあえずこの呪いの武器……どうにかできないか考えてみましょう』

「お願いね。私は魔法はいじるなんてことはできないから」

 

 裏ヌメリアさんは表ヌメリアさんを抑えてくれてるだけでいい。既に契約の半分位を進めちゃってるヌメリアさんは1番この武器の近くにいて危ない人になってるからね。もしかしたらヌメリアさんならこの武器の侵食にも耐えられるかもしれないけどね。

 なにせヌメリアさんには都市核がある。それも2つ。この武器が契約したものの命を喰らうのだとすれば、ヌメリアさんの命はその都市核となる。となると、食いきれるのか? っていうね。まあでもヌメリアさんは別に戦いに出たいわけじゃないからね。本契約までさせちゃうと武器が一つ使えなくなる。

 実際この武器が使えるか……今はだいぶ怪しいけどね。まさかの呪いの武器……このままでは絶対に渡すことはできない。いやもしかしたら全部説明した上でも、この街を……自分たちが生まれたこのサーザインシャインインラを守るためにそれでもこの武器を手に取る……という者たちは居るかもしれない。

 てもそれはいたとしても少数だろう。今頑張ってる軍の奴ら少しだけ……だと思う。でももしもリスクなく大きな力が手に入るとなると、話は変わってくる。砂獣に恨みをつのらせてるこの世界の人達だ。サーザインシャインインラの人たちは他の街とかよりは恵まれてたから、もしかしたらそこまで悲劇にさらされてないかも知れないが、砂獣を恨む心はこの世界人たちの共通認識だと思う。

 それに今立ち上がらなければ、自分たちの故郷はなくなるんだ。リスクがなくなれば、いや多少くらいにリスクが下げれれば、立ち上がる人はいるかもしれない。

 

『この武器使ったら死にますけど使ってください!』

 

 は流石に……ね。名乗り出づらい。いくら故郷のためとはいえ……ね。

ある日、超能力に目覚めた件 29P

 そんな事を考えてる場合でもないから、耳に力を集める。最初らへんにした時はいきなり強化したから、今回はもっと慎重に……次第に遠くの音や離れてる人の喋り声が聞こえてくる。けど……

 

「聞こえないぞ?」

(別の声を聞こえるように調整してみてください。その子の声を聞こえるように、耳を傾けるように、寄り添ってください)

 

 別の声とは何だよ? 寄り添うようにってのは物理的に近づけ……ってことではないだろう。だって物理的に聴力を上げても普段の音が大きく聞こえるとか、遠くの声も聞こえるようになる……とかでしかない。

 それだとこの石……魂を宿した石の言葉を聞くのとには多分だけど違うんだろう。じゃあ何が違うのか……チャンネルとかと言えるそれだと思う。野乃野足軽は石を観て、その僅かに宿る力……いや命を見る。そしてそれは自身が宿した命だ。

 

(この生命にちょっとでも寄せれれば……)

 

 アースは調整と言ってた。野乃野足軽はそれを思い出して、自身の作り出した魂とその波長を合わせていく。するとなにかが耳に届く。最初は雑音混じりで、なにかよくわからなかった。けど、チャンネルを合わせるかのように波長を合わせていき、そして集める力も徐々に強めると次第にハッキリと聞こえるようなってきた。

 

(パ……パ……パパ……)

 

 そんな声が聞こえた瞬間、何かが野乃野足軽の胸に湧いてくる。高校生だから、そんな実感なんてないはずだと思ってたわけだが、自身が生み出したと感じてる命からそんな言葉を聴いたら、いくら高校生と言えど、そういう感情に目覚めそうだ。これが父性……とかちょっと野乃野足軽は思ってる。

 

(えっと……)

 

 よく考えたらこの子の声を聞こうとしてたが、こっちの声を届けようとはしてなかった。それとも生み出したのは野乃野足軽だし自分の声は理解できるのでは? とか思った。

 

「聞こえてる……から」

 

 そんな事をつぶやく野乃野足軽。けど別に石はなにか反応を示すわけじゃない。プルプル震えたりもしない。アクアなら沢山アクションしてくれたわけだが……

 

(どう……して)

(おい!? どうした?)

 

 なんかどんどんとその生命が小さくなっていく。それとともに再び雑音が多くなって、次第になにも聞こえなくなる。そして命の光が石から消える。本当にただの石ころに戻る。いや元々普通の人が見たらそれは最初から石ころだった。

 でも確かにこの石には魂が宿ってて……そして声だって聞こえた。一分に満たない時間だったけど、確かに触れ合った感覚はあった。

 

「おい、アース……命が……」

(消えましたね。しょうがないでしょう。そもそもが定着できるような素体ではなかったですから)

(お前、わかってたのか?)

 

 野乃野足軽はアースの淡々とした声にちょっと怒りをあげていた。だって少しでも自分が生み出した命だったんだ。それが一瞬でこんな……だってこれは命が死んだということと何が違うというのか……

 

(今のは魂を簡易的に増やすために即席で作った命です。長くは持ちません。だから早くしたほうがいいと言ったでしょう?)

(それは……そうだけど……)

 

 けど流石にこんなに一瞬だなんて野乃野足軽は思ってなかった。だからといってどれくらいの期間持ってくれればよかったのか……と聞かれたとしても、野乃野足軽は答えられないだろう。だってただ感情が先に出てるだけだから。

 

(あのくらいなら、慣れたらいくらでも生み出せますよ……)

 

 消えたらまた生み出せばいい。アースはそう言ってる。アースは命に執着してない。けど命という言葉は野乃野足軽には重い。なにせそういう教育を受けてきたからだ。実際殺したという実感があるかというと微妙ではあるが、でもいくらでも生み出していくらでも殺して良いんだ……と思えるような人間では野乃野足軽はなかった。

転生したらロボットの中でした(ただし、出ることはできません)運命という世界線を壊せ 665

 台座に刺さった石となった武器。それらを開放するすべを私は発見した。まあ私というか、G-01なんだけど。ヌメリアさんが唾液を付与した一つの武器がその過程を示してくれたからね。一つのサンプルがあれば、それをハッキングによって強制的に再現すれば、他の奴も同じようにこの石の封印を解ける……筈だ。

 G-01のエネルギーで強制的に回路を開放して、石の封印を解く。それは可能だと判断した。G-01が。私ではない。私にはそんな頭脳はないからね。とりあえずさっさとここの武器を開放して地上に持っていこう。そしてとりあえず軍に、そして戦えそうな人に渡していく。この武器がどれだけ使えるものなのか……それはよくわかんない。

 けど教会が切り札として渡してるほどだ。もしかしたら砂獣に特攻的な力をもってる武器かもしれない。それなら一般人も使えるかも。この世界の一般人はそこそこデフォルトで体が強いし、武器を使えるくらいの筋力は標準で持ってると思う。

 だからもしも戦いたいと言ってくれる人がいたら……いいよね。

 

「ジゼロワン様……これは……」

『待ってください! 触れないで』

 

 私はヌメリアさんの様子がおかしいことに気づいた。私は語気を強くそう言ったが、なんかうつろになってるヌメリアさんは自身が唾を付けて封印が解け掛けてる武器へと手を伸ばしてる。私の声も途中までは聞こえてたようだけど、途中から完全にその目から光が失われて勝手に体が動いてるような……

 

「危ない危ない」

『貴方、裏ヌメリアさん?』

「そうね」

 

 どうやらヌメリアさんのもう一つの人格、裏ヌメリアさんが出てきてその体を止めたらしい。たしかにあのままだと意思を奪われて封印されてる武器に誘導されてた。実は唾液というか、体液だけでは完全に封印は解けてない。きっと体液を与えて、武器にふれることでなにかか繋がって封印が解けるんだろう。

 でもあの武器は普通よりも強力で、そして魔法の武器。さっきのヌメリアさんの行動的になにかおかしい。罠がありそう。てか教会が切り札と行って渡してきたものだ。よく考えたら、簡単に信用できるものなのか……考えると簡単に結論は出る。

 簡単に信用出来るような奴らじゃないってね。私はもっと深く術式を解析するよ。それと同時に裏ヌメリアさんに聞く。

 

『これのことわかる?』

「わかるわ。これ契約よ。それも強制的な血の契約。血浄よりも強力な……呪いと呼べる代物。ここの武器全部、これを持ったものを食らうわよ」

 

 そんな事を裏ヌメリアさんは断言した。どうやら教会は切り札と言って呪いの武器をよこしてたらしい。実にらしいと思ったね。

ある日、超能力に目覚めた件 28P

(もっと丁寧に、力の配分をあわせてください。体となじませるように力を満たして、でも溢れたらダメです。そこも丁寧に)

(案外面倒だな……)

 

 野乃野足軽の額には汗が浮かんでる。そして手のひらの石の震えが強まっていく。けどそれは次第に弱まっていく。でも野乃野足軽にはわかってる。2つの混じり合った力がなんか定着してると。

 

(さあ、もういいでしょう)

 

 そんなアースの言葉で力を流すのはを辞める野乃野足軽。見た目的には手の中にある石に変化なんてない。見た目、ただの石だ。

 

「これで命が宿ったのか?」

(そうですね)

「そう……なのか?」

 

 野乃野足軽はそのアースの言葉に懐疑的だ。だってアクアの時はすぐに動き出したし、喋ってもきた。でもこの石からはそんなアピールがない。魂が宿ったとなったのなら、アクアと同じようになってもおかしくないと野乃野足軽は思ってる。けどそうじゃない。

 

(力を感じたらわかるでしょう)

「ふむ……」

 

 野乃野足軽は力を感じることに集中する。すると確かに何の変哲もない石に力を感じる。でもそれは野乃野足軽の力とも、自然のエネルギーとも違ったものになってる。なんか温かい? 

 

「これが命? 確かに宿ってるのはわかったけど……アクアとは全然違うんだけど?」

 

 ああいう感じに、命を与えたらなるのかと思ってた野乃野足軽である。動き出して喋って……自分の記憶を一部引き継いで既に意思を持ってる……みたいなさ。でもこの石にはたしかに魂を感じるが、動きもしないし、何も発しない。どういう違いが有るのか、野乃野足軽にはわからない。

 

(その子も喋ってますよ)

(え? 本当に?)

 

 アースの言葉にびっくりな野乃野足軽。なにせ野乃野足軽には何も聞こえてないからだ。

 

(ちゃんと聞こうとしてみなさい)

(ちゃんと聞こうと?)

 

 それを聴いて野乃野足軽は考える。これはあれか? 体の一部を力によって強化できる……とかそんなのではないだろうか? つまりは目に力を集めれば視力を、耳に力を集めれば聴力を、鼻に力を集めれば嗅覚を強化できるとかいう定番を野乃野足軽は思い浮かべた。

 まあ勿論、やったことは有る野乃野足軽である。漫画とかで観たこと有ることは大体試した事がある。でもそれらをやって感じたのは人間の体というのは、日常を過ごしやすい用にできてる……ということである。

 視力を上げたらなんか周囲がぐわんぐわんして見えて酔ったし、聴力をあげたら様々な雑音が聞こえてきて頭痛くなった。嗅覚を強化したら匂いがきつくなって吐き気がした。つまりは現状が最強ということだったのだ。

 だからちょっとためらう野乃野足軽

 

(力は使い方ですよ。もっと上手く強化すれば大丈夫です。それよりも早くしたほうが良いですよ?)

(どういうことだ?)

(その子は貴方の初めての子供だと言うことです)

 

 男子高校生なのに、子供を産んだ? その事実に首をかしげる野乃野足軽だ。けどこの力に目覚めてから、世界は全く様相を変えたと野乃野足軽は思ってる。だからこそ、男である自分が子供を産んでもおかしくないよな……と受け入れることにした。

 けどアクアを入れたら初めてじゃなく二番目では? とも思った。

 

(この歳で第二子か……)

ある日、超能力に目覚めた件 27P

(まずは力を集めてください少し浮かせるくらいがいいでしょう)

 

 そう言われて野乃野足軽は持ってた丸い石を浮かせる。このくらいなら既に簡単に出来る野乃野足軽である。でもこれで命が宿らないとわかってもいる。

 

(ここからどうしたらいいんだ?)

(自身の力以外を感じることはできますか?)

(自分の力以外……)

 

 むむむ……野乃野足軽はそれを自然エネルギー的なやつかと思って意識する。そう言うの沢山の漫画やラノベとかでもあったと思う。自分自身に元からある力と自然に有る力。自分自身の力を使う作品と、自然の力を使う作品。最初は自身の力だけだけど、後々自然の力も使って強化するイベントとかあったり……だからもう来たのか……とかイベントなにかすっ飛ばしてないか? とかちょっと思ってる。

 

(なにかある気はするが……曖昧だ。ねっとりしてる感じ?)

(ねっとりなんてしてないです。失礼ですね)

 なんか怒られた野乃野足軽。自分の感想を言っただけなのに……

(とりあえず私の感覚を共有しましょう。それでよりハッキリとこの星に満ちるエネルギーが見えるはずです)

 

 野乃野足軽とアースは今、一体化してる感じだ。だからこそ、記憶とかの共有が出来る。そんな事が出来るのだから、アースの感覚も共有できるのだろう。それによって、野乃野足軽の視界に変化が訪れた。

 

「うわ……」

 

 思わずそんな声が出る野乃野足軽。彼の視界には今、沢山の光の粒が見えていた。それは大地から湧き上がって空へと上がっていってる。

 

「あれは?」

 

 なんか遠くに……というか学校の方向に大量の光が見える。周囲もちょっと眩しいくらいではあるが、学校の方はそんな規模ではない。まるで滝が逆さまになったかのように、下から上へと大量の光が昇ってた。

 

(あれは穴です。溢れ出やすい場所というやつでね)

(大丈夫なのかあれ?)

 

 なんか不安になるくらいに光が溢れてる。きっとこの視界のまま学校に行くと何も見えないのではないだろうか? そんな感じだ。

 

(別に害はありませんから。今までなにかありましたか?)

(確かに何もなかったけど……)

(そんなことよりも命です。今なら見えるのですから引き寄せてみてください)

 

 そんな事を言われた野乃野足軽は手をのばす。けどやっぱりだけど、普通に掴めたりはしないようだ。体を光は通り抜ける。そうなると力でどうにかするのかな? と思って、石に使ってるように、力を向けて引き寄せる。するとこっちにきてくれた。

 

(さあ、力を混ぜ合わせて石に注ぐのです)

 

 野乃野足軽の力と自然にある力。それを混ぜ合わせるように意識する。するとなんか白かった光が別の色になっていく。緑色になっていってる。自分の力の色は緑系統なのか? とちょっと思う野乃野足軽

 

(今回はこんなものでいいでしょう。石にそれを注ぐのです)

 

 その言葉にしたがって野乃野足軽は石に混ぜ合わせた力を注いだ。するとなんか石がプルプルと震えだした。

転生したらロボットの中でした(ただし、出ることはできません)運命という世界線を壊せ 664

「ふむ……」

「わわ、ジゼロン様!」

 

 私が土台に突き刺さってる武器をどうやって一気に引き抜くか……を考えてると、ヌメリアさんが呼んだ。どうやらヌメリアさんは自身の唾液を一つの石の武器に塗りたくったらしい。いや塗りたくったというのは語弊があるね。指に唾液をつけて、それを石につけてみた。

 すると、なんか反応してる。唾液を付けた部分が光ってるみたいだ。けどそれだけだ。石にヒビが入ったりして、バッカーン!! と封印が解ける……とか、それか徐々に武器が石から元の輝きを取り戻していく……とかない。てか変化がない。

 

『ただ体液を与えるだけでは駄目なのでしょうか?』

「もう少しこの人から情報を引き出すべきでしたね。すみません」

『あれは私がやったことですよ。これ以上、その身を犠牲にしてほしくなかっただけです』

「……すみません」

 

 ヌメリアさんはもう少し自分が我慢すれば……とか思ってるのかもしれない。けどそんなわけない。そもそもヌメリアさんはこれまで沢山……いっぱい、その体を売ってきたんだろう。だからその体にあんまり価値なんてないと思ってるのかもしれないが、体とともに、心までなくしちゃ駄目だよ。

 自分を1番大切に出来るのは自分だけ。体を売ることはどうしようもなかったとしても、心はまでそうしてきたわけじゃないだろう。そうじゃなかったら、他人の事を考えたりしない。寧ろもっと自暴自棄になるだろう。

 自分が砂獣なんていう化け物を生み出すようになってしまって……これまでもただ男に使われるだけ使われるだけの人生……私だったら生み出した砂獣を使ってそいつらに復讐でもしてやろうかと思うかもしれない。

 だって見た目は最高にいいからさ。事後に産み落として、その砂獣に相手を食わせる……とか。そんな復讐ができないわけじゃない。実際はヌメリアさんはその砂獣を操れるとかないらしいけどさ……でも砂獣って人を襲う存在だし、近くに誰かが居たら糧にしてたかもしれない。ただヌメリアさんが誰にも観られない様なところで産んでたから誰も被害にあってないだけで……

 今だって、自分だけじゃない事を考えたり……この街の事を考えたり……今のヌメリアさんの状況で自分以外の事を考えることが出来るって凄い。そう、凄いことなのだ。

 

『これは……反応を解析、術式がどこまで反応してるのか……いくつかの扉は開いてる……これなら』

 

 私はG-01の解析を観ながらつぶやく。そして「よし」といった。大丈夫、若い神父をわざわざもう一度叩き起こして話を聞く……なんて必要はなさそう。

 

『大丈夫です。いえ寧ろ助かりました。これなら、僅かに開いた術式から完全解析ができたので、ここの武器を持ち出せそうです』

「す、すごいですね」

『これも貴方のおかげですよ。胸を張ってください』

 

 そういうと、ヌメリアさんはちょっと恥ずかしげに微笑んだ。その顔はとってもかわいくて同性のはずなのに私もちょっとくらっときたよ。

ある日、超能力に目覚めた件 26P

(それじゃあ聞こうか?)

 

 野乃野足軽はそう言っていつもくる河川敷で石を物色する。ここの川原の石を拾っては家に持って帰って超トレに使ってるんだ。アースは命はそんなに大層なものでは無いといった。野乃野足軽にはとてもそうは思わないが、とりあえず聴いてみないことにはわからないってスタンスだ。命っていうその言葉に気後れしてる可能性もある。

 

(とりあえず貴方は一度命を与えています。分かりますか?)

(アクアのことだろう?)

(そうですね)

 

 最近気づいたけど、自分の中に居るアースと喋る時、野乃野足軽は声を出して喋ってると、それは傍から見るとただ独り言をしゃべってるやつになる。だから心のなかで思うことにした。変な人に観られるのは恥ずかしい年頃なのだ。

 

(でもあれって、実際何が原因であんなことになってのかわかんないんだよね。完全にたまたまだったし……その後も何回か同じ様な存在を創ろうとは思ったぞ? けど無理だった)

(命は個人の力だけではなりえませんから。命とは世界を廻るエネルギーの増幅装置なのです)

(どういう事?)

 

 アースの言ってる事がよくわからない野乃野足軽である。唯一わかったのは命を与えるには自分の力だけでは行けないと言うこと。

 

(この世界に生命が溢れてるのは、命が溢れてるから世界は豊かなのだと言うことです。命は成長をして世界を巡るエネルギーを生み出し、そして再び世界に還元され廻っている)

(輪廻転生って事?)

(輪廻転生ですか、なるほどだいたいそういうことです。ただ特別なことでは無いですね。そういうシステムだと思ってください)

 

 野乃野足軽の思考を探ってアースは輪廻転生をしったらしい。そしてそれを間違ってないと言う。でも輪廻転生とかいうと、更にこの世界の大きな仕組みで、それを人がどうにか出来るのかと、野乃野足軽は普通に思う。

 

(考えてみてください。世界には常に新たな生命が生まれているのです。輪廻転生だけでは命は回りますが、順当に増やしていくには新たな生命は必要ですからね。ずっと輪廻転生を繰り返した魂は疲弊しますから」

(なるほど……)

(とりあえず、命なんて驚くほどに簡単に作り出せると実感してみましょう。その手に持ってる石に命を宿らせましょう)

(そんな事が?)

(何も力も持たない命なんてそこらじゅうで生まれては死んでます。そして輪廻の輪に加わるのです)

 

 どうやら『命』とは世界にとってはとてもとても軽いらしい。それこそ自分たちが普段使う電力やら、それこそ化石燃料的な物なのかもしれないと野乃野足軽は思った。